お花代って大体いくらなの?故人との関係が判断のカギ!

お花代は一体いくら包むべきなのか?

 

その金額には、故人との関係やその家の方針(供養の在り方)によって幅が出てきます。

 

とはいえ、一般的な相場はあるはず。そこで、お花代はだいたいいくら包むのが常識的なのか、リサーチしてみました。

 

お花代の目安金額や包み方は、実際にその状況になってみて初めて慌てるというケースが多いようです。

 

オトナの常識として、基本的なルールは知っておいて損はありません!

 

お花代の一般的な相場は?

お花代とは、自分の年齢と故人との関係によって幅がありますが、一般的な相場を言いますと最低でも5千円からですね。職場関係、友人、知人で5千円との目安があります。

 

職場一同、として出す場合は一人当たりの出費は1千円や三千円位なケースが多いですが、これはまとめて五千円から1万円位の花は最低限で手配する為でしょう。
まわりのお花とのバランスも大事ですから。

 

正しい包み方をおさらいしておこう

包む際には白い封筒か、不祝儀袋に「お花代」「御供物料」と書いて渡します。神式では御玉串料です。

 

平均金額は1万6千円前後で、金額分布の割合で多いのは1万円のようです。

 

遠方で参列出来ないのでお花代を送る場合、故人との関係によって変わりますが、両親3~10万円、兄弟姉妹3~5万円、祖父母、おじ、おばは1~5万円が相場です。あまり多すぎても、少なすぎても不祝儀ごとには失礼になります。

 

多すぎてしまうと、お返しが大変です。お家の台所事情が似通ったご親戚ばかりならば返礼品として用意するものを予め予測できますが、1~3万円位のお花代やお香典が多数だろうと考えて準備した場合その倍以上の返礼となります。

 

高額すぎた場合は3~5万円分を商品券で、残りはカタログギフトなどでお返しするといいでしょう。多すぎます、と返すのは失礼にあたりますのでやめましょう。

 

ご家庭の方針に合わせて臨機応変に!

花代は、故人様のとの関係や喪家の仏事に対する姿勢にもよりますが、1周忌、3回忌、七回忌を密にするお家でしたら総額でいくらになるのか予測はつきますね。ご無理のない費用をかけて、都度ことに忘れずに手配をされるのもよろしいかと思います。

 

お家ごとの慣習や、地域性、親戚付き合いの考え方によって、お花代は様々です。無理のない、誠意が伝わるかたちでご用意されるのをお勧めします。

 

ちなみに私の実家は全く回忌法要しませんのでお花の送りようもありません。こうなると葬儀の時くらい豪華にしてあげたかったなと悔やまれます。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク