キリスト教のお花代(香典)の相場はどれくらい?

日本人にはまだまだなじみの薄いキリスト教の葬儀。

 

お花代を送る場合のルールはどうなっているのでしょうか?

 

ここでは、キリスト教の葬儀に出席する際に覚えておくべきお花代のしきたりをご紹介します。

 

他の宗派とキリスト教とでは、お花代の意味や金額はどう違うのでしょうか。

 

「お花代」の位置づけは?

キリスト教の葬儀の案内をいただいたら、なじみのない場合は戸惑います。

 

一般的には他宗派では「御霊前」とするものが「お花代」の表書きで、相場は一般的には5千円から1万円くらい、身内、近親者は2から5万円です。

 

キリスト教で、御香典にあたるものの表書きはプロテスタントでは「お花料」カトリックでは「御ミサ料」といいます。神道と同じく、お線香は使わないので「香典」「御香料」の表書きは使いません。

 

キリスト教のお花代の相場は?入れる袋は?

お花をお供えする場合の供花料としては1万5千円から3万円くらいが相場です。

 

十字のついたキリスト教向けの香典袋を使用しましょう。文具店で購入できます。蓮の花の柄の香典袋は仏教向けなので避けましょう。

 

キリスト教の葬儀ってどう?

個人的な事ですが、キリスト教の葬儀に参列した経験は今までありません。嫁いで親戚も増え、間接的には十軒以上のお知り合いが増えたのですがキリスト教のお家は一軒のみです。

 

その少しのご縁の関係で、偲ぶ会の写真を見せていただきましたが、和やかな会合の印象でした。白系のお洋服が多かったのと祭壇が仏教に比してシンプルだった為でしょうか。

 

葬儀の後に、故人を偲ぶ会を催されるのに参加する場合は花代をその際に持参しても良いようです。会合の服装は喪服ではなくて、紺やグレーの落ち着いた色調のものでいいです。

 

お食事も用意して頂ける大きな会でしたら、その食事代も考慮した上で、お花代をご用意されるといいでしょう。

 

お花代の手配方法は?

ちなみに、お花を直接手配される場合は花屋さんにキリスト教の葬儀のお供えとしっかりとお伝えして用意をしましょう。

 

他の宗派では白菊を使うことも多いですが、キリスト教では百合やカーネーション、小菊やスプレー菊がメインでのアレンジになります。

 

基本的に籠アレンジで、故人の自宅に送ります。特徴的な形のアレンジで、肉親や友人が送る十字架を模したクロスのものと、親族や親しい友人が送るものハートアレンジのものがあります。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク