葬儀業界を改革!ティアの挑戦に驚いた。

愛知県名古屋市に本社を置く葬儀社、ティア。

 

中部地方の平均葬儀費用を約70万円も下回る金額を出した開拓者精神にあふれたこの企業、どんな会社なのでしょうか。

 

設立からこれまで

1997年にティアを設立した富安徳久氏は、葬儀社アルバイト経験を経て、納得できる独自の葬儀スタイルを追求し続けています。

 

葬儀の件数自体は伸びていて、今後も更に需要はある市場と言われているものの、葬儀の単価は低下傾向にあります。

 

葬儀の縮小化、家族葬の増加、直葬と家族葬の違いも分からないままに安い方法での供養を選んでしまう等、葬儀業界を取り巻く環境は厳しいです。

 

こうした中で、約20年前に設立されたティアの葬儀件数は増え、売り上げも伸ばし、2014年の時点での店舗数は、直営、フランチャイズ店あわせて72店舗にもなっています。

 

今までタブー視されがちだった葬儀の費用を明確に

ティアの創始者の考えは、今までの積み立て方の葬儀のあり方の不明瞭さに切り込んでいくものでした。

 

消費者が葬儀の事を考えるのに付随するイメージ、お金をとやかく言うのは不謹慎という感情を利用したブラックボックスを透明化しました。

 

生前見積もりをして、情報の開示につとめ、今までの葬祭業といった考えでなくサービス業として取り組む。

 

そうすることで、消費者の支持を得て、初年度の葬儀軒数は64件だったのが近年では六千件を超える件数を扱うようになったのです。

 

変わって来た、お葬式

昔は葬儀についての情報を探す事、それ自体が難しいものでした。

 

今や掲示板やお役立ちコラムなどで色々なしきたりや口コミや、価格の平均なども調べることができます。

 

情報はオープンになって、どの葬儀社が安いなども比較が容易になりました。

 

ティアさんのように明朗会計、イメージも新しい葬儀社さんに巡り合うことも簡単になっています。

 

消費者としては、より質の良い対応をしていただけるところを探すのが一番なので、個人的な情報収集法を一つ。

 

実際にイベント、相談会などが開かれている時に足を運んでみることです。

 

できれば、数社比較、気になるところは数回行ってみると良いです。

 

雰囲気が掴めて、また同じスタッフが安定してお勤めされているかが分かってきます。

 

ベテランの方が居るかいないかで、結構違うといった話を良く聞きますのでご参考までに。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


葬儀業界を改革!ティアの挑戦に驚いた。 関連ページ

葬儀の場で親戚としての服装に相応しいものって?
葬儀の服装アクセサリーはどこまで良いの?
葬儀の服装でシャツ選びに注意するべきことは?
葬儀の服装マナーを考えた女性のスーツ選びのポイント
葬儀の服装ですが、タイツはダメなんでしょうか
葬儀の服装ですが、ハンカチはどんなものを持参すれば良い?
葬儀の服装に合う髪型はこちら。髪型のNGポイントなどもご紹介
葬儀の挨拶など喪主が気を付けることアレコレ
葬儀の受付を任された時、または受付を済ませる際の注意
葬儀の時間はどれくらいかかるもの?
葬儀の服装にエナメルパンプスはダメと言われます。
葬儀の際に喪服以外で気にすべきはエプロンの色。白?黒?
葬儀のお車代ってどれくらい?そもそもお車代って必要なの?
葬儀で必須お布施の金額の本当のところはどうなの?
葬儀のお別れの言葉は大切です!弔辞を頼まれた時に注意すべき点
葬儀に着ていけるスーツが無い!グレーでも大丈夫なの?
葬儀のスーツは黒っぽければ少しストライプが入ってても良い?
葬儀をしてはダメな日があるとは知りませんでした。
葬儀でトラブル!問題回避の為に事例を知ろう
葬儀の場でネイルは駄目と分かっているんだけれど。
葬儀でのネクタイ選び、色や柄、締め方、気を付けるべき点
葬儀の「よくある質問・疑問」に答えます
葬儀社ランキング見極めのコツをご紹介します
葬儀の場の装いワンピース着こなしのコツ
葬儀の挨拶状を出す際の注意点は?
葬儀の案内文はどんな内容を書くもの?
葬儀の引き出物をどうしようか迷ったらすぐに葬儀社へ相談を
遠方の葬儀に参列できない場合の香典について
葬儀に数ある花の種類と手配は基本的には葬儀社に任せる
葬儀の開始時間として、一般的な時間帯は?
葬儀に欠席する場合の失礼にならないマナー
結婚指輪は葬儀の場でもOKとされているのですが
葬儀と結婚式のマナーで例えば喪中はどうするの?
葬儀と告別式の一連の流れが知りたい。
葬儀といえば黒真珠という考えは基本的には間違っていないのですが
マナーを気にしだすとキリがない、葬儀への参列
葬儀も多様化!参列の断り方で悩む必要はなくなった?
どんな範囲まで葬儀に参列してもらうべき?参列するかは気持ち次第
白いハンカチは葬儀以外でも活躍します
数珠など葬儀の持ち物は、あらかじめひとまとめに
それほど深い付き合いがない取引先の葬儀への対応方法
葬儀の手伝いには、それにふさわしい服装を選ぶ
手土産も供物も、葬儀の際には不要です
葬儀の受付の挨拶といっても特別なことはない
葬儀から初七日という流れが一般的
葬儀の上着に、チェスターコートを1枚
身内だけの葬儀、家族葬は事前の準備が大切です
葬儀社の選び方は、口コミや見積もりを参考にして
葬儀費用の相場は、189万円弱ってほんと?
葬儀の場にふさわしい、男性用バッグはない?
通夜、葬儀と進むの告別式の流れは葬儀社次第
通夜、葬儀と進むの告別式の流れは葬儀社次第