葬儀の開始時間として、一般的な時間帯は?

葬儀の開始時間は、何時にしなくてはならないなど特に決められてはいません。

 

ただ、一般的なスケジュールに合わせると、ある程度の開始時間に絞られてくるもの。

 

しかし、季節によっては多少、葬儀の開始時間がずれることもあり得るのです。

 

一般的な開始時間は、あるものの

葬儀の開始時間、これは決まっているものではありません。

 

喪主、導師、火葬場、これらの都合をすり合わせることで、葬儀の開始時間が決まります。

 

葬儀・告別式には2時間程度かかる、火葬場では荼毘、骨上げに1時間ほど、その後初七日の法要を行う。

 

近年の葬儀の日のスケジュールはこのようなものが一般的。

 

これだと、葬儀の開始時間が10時とすると、午後4時には解散することができるのです。

 

あまり早い開始時間では、大勢の人が集まる葬儀には不向き。

 

あまり遅い開始時間では、解散するのが遅くなって、次の日に影響が出る。

 

このようなことを考えると、葬儀の開始時間は午前10時から午後1時というのが一般的ということができるでしょう。

 

当然、時間帯は前後するものです

ただ、人が亡くなるというのは、こちらの都合に合わせてくれることはないわけで。

 

どうしても導師の都合が整わないとか、火葬場が混んでいるとか。

 

季節の変わり目など、大勢の方が亡くなりがちな時期には葬儀の開始時間が早まる。

 

もしくは、遅くなるということはありがちなのです。

 

ですから、葬儀の開始時間が午前9時になったり、午後2時になったり。

 

こういったことは、それほど珍しいものではありません。

 

葬儀の参列も、時間には余裕を持って

それでは、葬儀の開始時間の何分前ぐらいに斎場に付くのが正しいか?ということについて。

 

葬儀の開始時間には、受付も済ましてしまいたいものですから、遅くとも10分前くらいには、斎場に到着したいものです。

 

受付でお悔やみの言葉を述べて、香典を提出、記帳をおこなう。

 

その後、読経・焼香が始まるまで待機するという流れになります。

 

ですから、葬儀の開始時間ギリギリでは受付をしている時間が慌ただしくなってしまいがち。

 

遅刻はタブーとされていますから、開始時間の10分以上前には斎場に到着しておくようにします。

 

受付の際に、通夜にも参列してる場合ならば「昨晩も参列しております」という一言を忘れずに。

 

通夜時に香典を渡しているならば、葬儀の際には香典を渡す必要はないのです。

 

また、地方によっては葬儀の参列より通夜の参列を重視するとか。

 

通夜ならば読経の開始時間に必ずしも間に合わせる必要がないとか。

 

よほど親しい間柄でもなければ、通夜と葬儀の両方には参加しないとか。

 

様々な細い違いやローカルルールがあるものです。

 

ですから、注意したいのが転勤などで居住地が大幅に変わったケース。

 

通夜や葬儀の参列のルールが大幅に違ったりするのです。

 

ですから、職場の同僚などに聞いて、その地方ならではのルールを把握しておきたいものですね。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


葬儀の開始時間として、一般的な時間帯は? 関連ページ

葬儀の場で親戚としての服装に相応しいものって?
葬儀の服装アクセサリーはどこまで良いの?
葬儀の服装でシャツ選びに注意するべきことは?
葬儀の服装マナーを考えた女性のスーツ選びのポイント
葬儀の服装ですが、タイツはダメなんでしょうか
葬儀の服装ですが、ハンカチはどんなものを持参すれば良い?
葬儀の服装に合う髪型はこちら。髪型のNGポイントなどもご紹介
葬儀の挨拶など喪主が気を付けることアレコレ
葬儀の受付を任された時、または受付を済ませる際の注意
葬儀の時間はどれくらいかかるもの?
葬儀の服装にエナメルパンプスはダメと言われます。
葬儀の際に喪服以外で気にすべきはエプロンの色。白?黒?
葬儀のお車代ってどれくらい?そもそもお車代って必要なの?
葬儀で必須お布施の金額の本当のところはどうなの?
葬儀のお別れの言葉は大切です!弔辞を頼まれた時に注意すべき点
葬儀に着ていけるスーツが無い!グレーでも大丈夫なの?
葬儀のスーツは黒っぽければ少しストライプが入ってても良い?
葬儀をしてはダメな日があるとは知りませんでした。
葬儀業界を改革!ティアの挑戦に驚いた。
葬儀でトラブル!問題回避の為に事例を知ろう
葬儀の場でネイルは駄目と分かっているんだけれど。
葬儀でのネクタイ選び、色や柄、締め方、気を付けるべき点
葬儀の「よくある質問・疑問」に答えます
葬儀社ランキング見極めのコツをご紹介します
葬儀の場の装いワンピース着こなしのコツ
葬儀の挨拶状を出す際の注意点は?
葬儀の案内文はどんな内容を書くもの?
葬儀の引き出物をどうしようか迷ったらすぐに葬儀社へ相談を
遠方の葬儀に参列できない場合の香典について
葬儀に数ある花の種類と手配は基本的には葬儀社に任せる
葬儀に欠席する場合の失礼にならないマナー
結婚指輪は葬儀の場でもOKとされているのですが
葬儀と結婚式のマナーで例えば喪中はどうするの?
葬儀と告別式の一連の流れが知りたい。
葬儀といえば黒真珠という考えは基本的には間違っていないのですが
マナーを気にしだすとキリがない、葬儀への参列
葬儀も多様化!参列の断り方で悩む必要はなくなった?
どんな範囲まで葬儀に参列してもらうべき?参列するかは気持ち次第
白いハンカチは葬儀以外でも活躍します
数珠など葬儀の持ち物は、あらかじめひとまとめに
それほど深い付き合いがない取引先の葬儀への対応方法
葬儀の手伝いには、それにふさわしい服装を選ぶ
手土産も供物も、葬儀の際には不要です
葬儀の受付の挨拶といっても特別なことはない
葬儀から初七日という流れが一般的
葬儀の上着に、チェスターコートを1枚
身内だけの葬儀、家族葬は事前の準備が大切です
葬儀社の選び方は、口コミや見積もりを参考にして
葬儀費用の相場は、189万円弱ってほんと?
葬儀の場にふさわしい、男性用バッグはない?
通夜、葬儀と進むの告別式の流れは葬儀社次第
通夜、葬儀と進むの告別式の流れは葬儀社次第