デイサービスの費用は、介護施設の利用よりも安いって本当?

介護施設への入居は費用がかかると考えがちですが、デイサービスの費用も高額なもの。

 

特に利用の度合いによってデイサービスは高額になりますから、介護施設の利用と費用がそれほど変わらないというケースも介護度によって出てきます。

 

回数や時間で費用が上下するデイサービス

介護施設で暮らすべきか、デイサービスを利用するべきか?

 

これは、非常に難しい問題です。

 

例えば費用の面から考えた場合、介護施設だと非常に高額な費用と考えがちなのです。

 

しかし、それは家賃や食費が介護費用とは別にかかってくるから。

 

介護費用だけに限って見るならば、意外とデイサービスを利用した在宅介護の方が費用がかかったりするもの。

 

例えば要介護3のケースで比較してみましょう。

 

デイサービスの費用は回数や、施設でのケアに応じて費用がかかります。

 

要介護3ともなると、デイサービスの利用回数・時間も増えてくる。

 

加えて車椅子や介護ベッド、床ずれ防止の器具などのレンタル費用も高額になってきます。

 

一方で、介護施設に入居した場合。

 

デイサービスとは異なり、こちらなら利用回数や時間などで介護費用が上下することはありません。

 

また、車椅子やベッドなどのレンタル費用もかかりません。

 

ですから、介護費用のみに限っていうならば、デイサービスを利用した在宅介護と介護施設。

 

月額で見ると、介護施設を利用したほうが費用がかからない。

 

こんなケースもあるのです。

 

在宅介護で費用を軽くするならデイサービスの利用を少なくする。

 

その分、家族の負担が増える、、、といった方法しかないのです。

 

在宅と施設、介護費用だけで比較すると?

このことに加えて、デイサービスを利用した在宅介護の場合、介護しやすいように自宅をリフォームする必要があります。

 

いくらか補助金は出るものの、便利にしたいと思えばその分費用がかかるのが介護リフォーム。

 

もちろん、これも大きな費用負担が必要となってくるのです。

 

また、デイサービスは利用するたびに費用がかかる。

 

それほど、デイサービスを利用する必要がない要介護1といったケースならば、それほど費用はかからない。

 

ただし、要介護3から上になってくると月額3万円とか、それ以上の費用は覚悟しなくてはならないのです。

費用と負担のバランスが考えどころなのです

もちろん介護施設の利用は、費用が大きくかかります。

 

しかし、介護費用に限って言うならば、要介護の度合いが上がれば上がるほど、費用負担は在宅よりも安くすむもの。

 

その代わり家賃や食費が別途かかってきますので、月額に治すと5から6万円程度、在宅介護よりも費用がかかるのです。

 

ただ、在宅ならばリフォーム費用がかかるとか、家族の負担が大きいとか。

 

これらの点を考慮すると、介護施設を利用したほうがトータルで良いといった、結論に達することも多いでしょう。

 

要介護が上がれば上がるほど、この傾向は強くなるもの。

 

介護疲れなど、費用だけでは測れない負担も大きくなるのです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク