デイサービスで入浴介助にかかる費用は数10円!!

デイサービスで入浴介助を受けた場合、かかる費用は数10円。

 

入浴介助は非常に使い勝手がいいものです。

 

加えてデイサービスのメリットは、費用面だけではありません。

 

利用者が他の利用者と触れ合うこと、これも大きなメリットなのです。

 

特に大きな、入浴介助の負担

日常の移動、食事、排泄、介護が必要になった人には手がかかるもの。

 

全て家族でやろうとすると、負担は相当なものとなってしまいます。

 

例えば入浴、車椅子で風呂場までの移動、そこから洗い場まで運ぶ。

 

特別な入浴用の介助具に座らせる、体を洗う、、、。

 

風呂場自体が介護しやすいように造られているならば、話は違うかもしれません。

 

しかし自宅の風呂場に少々手を加えた程度ならば、負担はそれほど軽くならないもの。

 

想像するだけでも、介護する側の負担の大きさにゾッとしてしまいます。

 

そんな場合に利用したいのがデイサービス。

 

デイサービスをおこなう施設ならば、入浴の設備も整っているもの。

 

介護する家族からの需要も高いということがあって、大抵のデイサービスが入浴介助をおこなっています。

 

そして、その費用は驚くほど安いもの。

 

介護保険のおかげなのですが、一回あたり50から100円で入浴介助を受けられます。

 

時間や要介護の度合いによって変わってくるものの、デイサービスの費用は1回あたり1,000から2,000円。

 

これに、50から100円の費用加算で入浴介助が受けられる。

 

何ともありがたい話なのです。

 

訪問入浴サービスの利用で介護費用を抑えることも可能

デイサービスにはいく必要が無いけれど、入浴だけの介助を受けたい。

 

こんな場合は、訪問入浴サービスを利用するというのも一つの方法。

 

こちらにかかる費用は、1回あたり1,500円程度。

 

デイサービスならば、利用料以外にも送迎や食事など、様々な費用が加算されるもの。

 

訪問入浴サービスならば、手間がかかる入浴のみで介助を受けることができるのです。

 

これを考えれば、訪問入浴サービスも使い勝手がいいもの。

 

費用も軽く済むということが考えられます。

 

比較的介護度が低いケースで使い勝手がいい訪問入浴サービス。

 

デイサービスとうまく使い分ける必要がありそうです。

 

介護プラスアルファのメリットもあるデイサービス

訪問入浴サービスは専用のバスタブを室内に持ち込み、給湯なども全て行ってくれるもの。

 

その手間を考えると、ずいぶん費用が安いと感じられるはずなのです。

 

例えば自宅の風呂場を介護ができるようにリフォームするとか。

 

加えて、家族の介助で入浴させるとか。

 

この費用や手間を考えればやはり、良いサービスと考えることができるでしょう。

 

もちろん、送迎から何まですべてやってくれるデイサービスも非常に良いサービス。

 

どちらを選択するかは費用との相談ということになりそう。

 

ただ、利用者が社会とのつながりを持つ。

 

この点を考えると、デイサービスのメリットは大きいもの。

 

費用と家族の負担軽減以外のメリットがデイサービスにはあるのです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク