お泊まりの費用はリーズナブルなデイサービスですが?

デイサービスの施設に宿泊させてもらうサービスが、お泊まりデイサービス。

 

費用は数1,000円と抑えられているのですが、サービス内容に不安が残るのがお泊まりデイサービス。

 

費用面はもちろん、不安面の改善が待たれます。

 

施設に空きがない場合の、お泊まりデイサービス

介護の負担が重くなったので特養・老健といった施設にお願いしたい。

 

介護をする側にとっての切実な願いです。

 

しかし施設に空きがないというのが特養などの現状。

 

現状、数10人待ちという施設がほとんどだったりするのです。

 

だから、デイサービスを活用する場合、どうしても時間的に余裕がないというケースがあります。

 

また、介護に疲れてしまってたまにはリフレッシュをしたい。

 

日中のデイサービスだけでなく終日、ほんの数日でいいから介護から開放されたい。

 

こんな要望もあるでしょう。

 

こんな場合に、デイサービスの施設で対応してくれるものがあります。

 

前者のに対応してくれるのは、お泊まりデイサービス。

 

後者に対応してくれるのは、ショートステイと呼ばれています。

 

お泊まりもショートステイも、費用はそう変わらない

デイサービスの施設に介護が必要な人を終日、お願いすることができる。

 

これが、お泊りデイサービス。

 

以前は、施設ごとにお泊まりできる部屋の広さがバラバラだったり、夜の人員体制が不十分だったり。

 

お泊まりデイサービスを利用する側も、安心して任せられるとはいえない状況でした。

 

しかし近年の法整備で、お泊まりデイサービスをおこなう施設に設けられた基準。

 

このお陰で、安心して利用できる様になったと同時に、需要もますます高まっているのです。

 

しかしこのお泊まりデイサービス、かかる費用は介護保険の適用外となっているのです。

 

だからといって費用がかかりすぎては、利用者の負担が重くなりすぎます。

 

ですから、施設ごとに差はあるものの、お泊りデイサービスの利用料金は1,000円とか3,000円とか。

 

比較的、リーズナブルな費用に抑えられているのです。

 

現状は非常にありがたいのですが、、、しかしまだ、サービス内容が充分かどうか?

 

これについては、疑問が残ります。

 

お泊まりもショートステイも一長一短

一方、デイサービスを利用している人に数日間お泊りしてもらうサービス。

 

こちらはショートステイと呼ばれるのですが、費用は介護保険の対象。

 

利用料金も3,000円程度ではありますが、充分なケアやサービスが期待できるものなのです。

 

しかし、いつも予約でいっぱいなのがデイサービスの問題点。

 

イレギュラーな事態には、とても対応できないのが現状なのです。

 

費用はそれほど変わらないけれど、多少の不安が残るお泊まりデイサービス。

 

そして、安心して任せられるショートステイ。

 

融通が効くお泊まりデイサービスと、効かないショートステイ。

 

もっと、整備がおこなわれることを期待したいものです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク