永代供養のお墓は、どういった型式のものになっているのでしょう?

永代供養が始まった頃は、納骨堂という建物が建てられ、壁に納骨社の名前を刻んでいくというものが多くみられました。

 

他にも、ロッカータイプと型式のものがあり、一人ひとり区切られたスペース内に納骨されます。

 

また、地下に納骨し、地上に供養塔として建てているお寺も多くみられます。

 

きちんと管理されて安心

このように、永代供養はきちんとしたお墓があるわけではありませんが、納骨堂の中で他の人と一緒に収められているため、一人ぼっちにはならないという安心感もあります。

 

例え立派なお墓があったとしても、お墓参りに行けず花も枯れたまま。。。なんていうことになってしまうと、逆に寂しさが募りますよね。

 

名前も刻まれる

一般的なお墓は、家の名前をお墓に刻んでいます。

 

永代供養の場合は、共同の場所に名前を彫ったり、個別の場所に名前を彫ったりします。

 

名前は今までのお墓と同じように、どこかに必ず刻まれます。安心してください。

 

最新の事情は?

最近では、永代供養のお墓もどんどん進化してきています。

 

ホテルに泊まった時に渡してもらえるカードーキーのようなものをお寺から預かり、好きな時にお参りが出来るロッカー式の供養壇もあります。

 

また、ロッカー式のタイプではなく、全区画が独立したお墓になっていることころもあります。

 

参拝者がいない場合は、供養塔によって、お寺が供養してくれるようなタイプも登場しました。

 

基本的に永代供養は、一人で入るお墓がと家族やご夫婦で入ることも出来るタイプがあります。

 

お子さんがいないご夫婦だったら、一緒の供養墓に入れるのは、嬉しいですよね。

永代供養とお墓の差ってあるの?

永代供養は個々人に区域を与えられて、故人を偲ぶにはお参りに行けばその区画にお参りできる形と、最初からまとめて土に還す合祀墓タイプがあります。

 

その違いはしっかり把握して、自分の希望の供養を形にしていきましょう。

 

お墓を建てる

お墓を建てるのは結構面倒です。

 

石の量で料金は違うのは分かるのですが、石の質ともなると急には素人が判断できません。

 

お墓を手掛けた件数の多い企業、業者に頼むことが間違いを防ぐコツです。

 

あとは墓地の立地です。

 

地盤が強固なところならいいのですが、自然の力は予測不可能です。

 

流されてしまったり、地震で動いてしまったりは保障外だったりします。

 

10年間は墓石を通常に使用していたのに傷んだ場合の保障が付いているのが一般的です。

 

ですが、鳥害やいたずら、雨風による劣化や焼け、欠けは保障外だったりしますので、墓石の品質が重要になります。

 

そんな高い買い物で失敗したくはありませんので、お墓の建立に不安があるなら永代供養を考えるのも手軽だと言えます。

 

永代供養ならではの良いところ

お寺によって違いはありますが、古くから続いた寺は立地がしっかりしている可能性が高いですね。

 

自分が檀家になっているお寺も長く続いたお寺で、家のお墓は江戸時代からそこにあります。

 

年代が古いお墓も変わらずある、そんなお寺にお骨を預けられるなら新規開拓の霊園よりもまず安心感が違います。

 

立地に不安な土地で、永代供養と掲げられるよりは信頼できるところの永代供養プランを検討された方が安心ではないでしょうか。

 

で、墓石のスタイルも定められていますのであれこれ悩まず、気に入った納得できるプランにお金を払えばいいので気楽です。

 

お墓は、霊園の周りとの兼ね合いも結構気になってしまうものです。

 

和風のシンプルな墓を建てるつもりが、周りはとっても豪華な墓ばかりだとちょっと心情として張り合ってしまいがちです。

 

最初からプランが決まっている永代供養はそんな迷いを無くしてくれます。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


お墓の形態 関連ページ

お参りはどうなる?
お墓参りは、なるべくまめに行いたいものですが、いろいろな事情で、できても年に数回、それも難しいという場合もあると思います。かくいう自分もなかなかお参りできていないのですが、できるときにやるということがいかに大切か、つくづく思います。
どんなトラブルがある?
以前よりかなり耳にするようになってきた永代供養の言葉。自分でも他人事ではなくなってきているのかなという気持ちでいます。いつ訪れるか分からないことですので、早めに検討しておいた方が良いのかもしれませんね。
永代使用とは
私の家は檀家としてお墓がお寺の墓地にあります。有り難いことに永代使用の管理料というのは特に支払うこともなくお寺の行事の際のお布施のみ納めています。また、お寺の本堂の改築のための費用などについては別途寄付という形である程度のまとまった金額を納めることもあります。
お布施は必要?
実家の父は次男なのでお墓がありませんでしたが、父が亡くなった時にお墓を建てました。ただ、そのお墓には父と母だけが入ることになります。実家が遠いこともあり、母亡き後は私と妹が出来る限り供養し、お布施は必要ないとのことなので、お墓の管理料と供養料の支払いが途絶えたところで合祀して貰いたいとの希望です。
どんな種類がある?
現代はお墓と言っても色々の種類があってどんなお墓がよいのか選ぶのに迷いますね。お骨を故人別に安置する「個別安置型」、または他の故人と一緒に安置する「集合安置型」。最近では墓石の代わりに桜やバラ、常緑樹を墓標とする「樹木葬型」と言うのもありますし、散骨を希望する方もいらしゃるようですね。
納骨堂の利用
先日テレビで最新の納骨堂を紹介していましたが、とてもモダンでホテルかと思うような雰囲気があり、その上機械化されていてビックリしました。何しろ参拝カードというのがあってそのカードをかざすと遺骨を納めた厨子が目の前に運ばれてきてお参りすることが出来るのだそうです。もちろん全館バリアフリーなので車椅子でも大丈夫です。
メリットとデメリット
人は誰でもいつかは死を迎えます。日本では火葬してお骨をお墓に納めます。でもお墓のないお宅はどうしたらよいのでしょう。どういう形でお骨を納めるにしてもそれぞれメリットとデメリットがあります。心理的な面と物理的な面の両方から検討して折り合いがつくところを見つけ出すことになると思います。
独身でも依頼できる?
私の大学の友人で50歳を目の前にして未だ独身の女性がいます。以前、彼女と将来のことを話したことがあるのですが、彼女はエンディングノートを作っているというのです。今ではよく聞く言葉ですが、私はその時初めて聞いた言葉だったので戸惑いました。そして、彼女はそれなりにちゃんと考えているんだなぁと感心したことを覚えています。
格安は本当?
よく、お寺にお渡しするお布施の額について迷うことがありませんか?だいたい相場ってどのくらいなのか、お寺さんに聞いても「お気持ちで」と言われると困りますよね。また、お墓のことでは、いくら共同墓地とか集合安置とかでも格安と言われると何となく良い気持ちがしないのは私だけでしょうか?供養する気持ちをお金で換算するわけではありませんが、言葉で受ける印象は大事ではないでしょうか。
管理費はいくらくらい?
お寺でも、共同墓園でもお墓を建てた場合、通常は管理費が必要になります。しかし、菩提寺を持っていないとか、生涯独身で継承者がいない、または子供はいるけれど面倒をかけたくない等様々な理由でお墓を建てない方も、永代に渡って供養して貰う手だてはあります。お寺や施設によって違いはありますが、供養料と管理料など合わせて生前に支払ってお願いすることができるようです。