永代供養のお参りはどうなる?

永代供養は、お墓の管理や供養をお寺がまとめてやってくれるので、今までのように毎年みんなでお墓参りをするということまでは必要ありません。

 

お寺によってさまざま

お参りの時期や供養の仕方は、お寺によって違うようです。

 

一般的には、春と秋のお彼岸と、お盆を合わせた年3回おこなうケースが多いでしょう。

 

お寺の行事には、自由に参加出来ることもあるので、タイミングが合えば一緒に参加してみてください。

 

また、お寺の行事以外の時にお参りがしたい場合は、事前にお寺に連絡をしてからお寺を訪れるようにしましょう。

 

お寺の都合もありますので、突然行ってお参りをしたいとお願いしない方がいいです。

 

通常のお参りとの相違点

永代供養のお参りは、通常のお参りとは内容が少し違うようです。

 

お墓は、個人のものですが、永代供養は共同の場所にまとめて霊位などで管理されます。

 

ということは、お参りに行く時に個人のお墓があるわけではありませんので、お墓に添える花やお線香は持っていかなくてもいいことが多いようです。

 

費用の仕組みは?

その変わり必要になってくるのが、お布施。

 

他には、供養料と呼ばれることもあります。

 

ちょっとわかりにくい言葉ですが、お墓を守り管理してくための費用だと考えてください。

 

お布施は、黒と白の水引の袋にお金を入れて住職さんに渡します。

 

金額は様々ですが、1,000円~5,000円くらいの範囲で考えておけばよいでしょう。

 

中には、供養料を一切もらわないというお寺もあります。

 

永代供養をしてもらっているお寺に、一度お布施代は確認してみてくださいね。

永代供養のお参り方法は、人それぞれ?

永代供養のお参り方法、お寺によって違いがかなりあるようです。

 

最初に良く説明を聞いて、資料もできるだけ貰ってから、永代供養のお願い先は選ぶようにしましょう。

 

いつでもお参りOK,宗派問わず、そんなお寺もあるようです。

 

受け入れのお寺によって、違う永代供養

お骨を納める方法も、合祀墓か納骨堂形式か、様々ありますので形式に合ったお参りをしましょう、

 

お墓でも、納骨堂でもマナーとしてはお供えものは持ち帰ることです。

 

生ものは置いておくと衛生上迷惑をかけてしまいます。

 

お供えものは下げましょう。また、花も造花なら可であったりしますので確認しましょう。

 

お盆、春と秋のお彼岸の際はお寺にもお参りに行っても大丈夫か確認をしましょう。

 

お参りの際にお布施をお納めする慣例のあるお寺もあれば、最初の永代供養料金にすべて含んでいる場合もあります。そういったところも、契約の際には確認し合っておきましょう。

 

色々なご宗派の方のお骨を受け入れている墓所の場合

宗派問わず、は便利ですし気軽ですが、お参りの際には隣の方が違うお題目を唱え、お経を読まれる可能性があります。

 

お互い配慮しあって、あんまり大きな声でお経を読むのは混雑時には避けられた方が無難でしょう。

 

お参りは各寺によって違います、事前に確認しましょう。

お寺の納骨堂にお納めした場合、各お寺によって扱いが違いますので、まずは永代供養にご自身が何を重視するのかに沿って、選ばれてください。

 

遺骨はしっかりと個別に祭ってもらい、明確お参りする対象が形がある方がいいなら定められた期間は納骨壇に安置して頂けるプランで。

 

お参りにはあまり行けなくて、とにかくしっかりとお骨を供養して貰えていればいいのなら最初から合祀墓タイプでもいいでしょう。

 

納骨堂、納骨壇は解放されている時間が定められている場合もあります。

 

また、命日やお盆、お彼岸で個別に読経して頂きたいなら前もってお寺に相談は必須です。

 

その場合にはしっかりとお布施をお包みしましょう。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


お参りはどうなる? 関連ページ

お墓の形態
永代供養のかたちも、年々新たなものに変わってきているようですね。バリエーションもいろいろな環境に合わせて増えているようです。家族のあり方の変化が大きいと思うので、それぞれのかたちに需要があるのでしょうね。
どんなトラブルがある?
以前よりかなり耳にするようになってきた永代供養の言葉。自分でも他人事ではなくなってきているのかなという気持ちでいます。いつ訪れるか分からないことですので、早めに検討しておいた方が良いのかもしれませんね。
永代使用とは
私の家は檀家としてお墓がお寺の墓地にあります。有り難いことに永代使用の管理料というのは特に支払うこともなくお寺の行事の際のお布施のみ納めています。また、お寺の本堂の改築のための費用などについては別途寄付という形である程度のまとまった金額を納めることもあります。
お布施は必要?
実家の父は次男なのでお墓がありませんでしたが、父が亡くなった時にお墓を建てました。ただ、そのお墓には父と母だけが入ることになります。実家が遠いこともあり、母亡き後は私と妹が出来る限り供養し、お布施は必要ないとのことなので、お墓の管理料と供養料の支払いが途絶えたところで合祀して貰いたいとの希望です。
どんな種類がある?
現代はお墓と言っても色々の種類があってどんなお墓がよいのか選ぶのに迷いますね。お骨を故人別に安置する「個別安置型」、または他の故人と一緒に安置する「集合安置型」。最近では墓石の代わりに桜やバラ、常緑樹を墓標とする「樹木葬型」と言うのもありますし、散骨を希望する方もいらしゃるようですね。
納骨堂の利用
先日テレビで最新の納骨堂を紹介していましたが、とてもモダンでホテルかと思うような雰囲気があり、その上機械化されていてビックリしました。何しろ参拝カードというのがあってそのカードをかざすと遺骨を納めた厨子が目の前に運ばれてきてお参りすることが出来るのだそうです。もちろん全館バリアフリーなので車椅子でも大丈夫です。
メリットとデメリット
人は誰でもいつかは死を迎えます。日本では火葬してお骨をお墓に納めます。でもお墓のないお宅はどうしたらよいのでしょう。どういう形でお骨を納めるにしてもそれぞれメリットとデメリットがあります。心理的な面と物理的な面の両方から検討して折り合いがつくところを見つけ出すことになると思います。
独身でも依頼できる?
私の大学の友人で50歳を目の前にして未だ独身の女性がいます。以前、彼女と将来のことを話したことがあるのですが、彼女はエンディングノートを作っているというのです。今ではよく聞く言葉ですが、私はその時初めて聞いた言葉だったので戸惑いました。そして、彼女はそれなりにちゃんと考えているんだなぁと感心したことを覚えています。
格安は本当?
よく、お寺にお渡しするお布施の額について迷うことがありませんか?だいたい相場ってどのくらいなのか、お寺さんに聞いても「お気持ちで」と言われると困りますよね。また、お墓のことでは、いくら共同墓地とか集合安置とかでも格安と言われると何となく良い気持ちがしないのは私だけでしょうか?供養する気持ちをお金で換算するわけではありませんが、言葉で受ける印象は大事ではないでしょうか。
管理費はいくらくらい?
お寺でも、共同墓園でもお墓を建てた場合、通常は管理費が必要になります。しかし、菩提寺を持っていないとか、生涯独身で継承者がいない、または子供はいるけれど面倒をかけたくない等様々な理由でお墓を建てない方も、永代に渡って供養して貰う手だてはあります。お寺や施設によって違いはありますが、供養料と管理料など合わせて生前に支払ってお願いすることができるようです。