墓じまいする際に遺骨はどうすべき?

お墓を持つと同時に、墓じまいという意識を別に持つ必要があります。

 

死に対してあまり多くを語りたがっていないのです。

 

墓じまいを意識した時、遺骨に対してはどのような方法が取られるのでしょうか。

 

遺骨は最後まで大事に扱いたいものです。

 

故人の遺骨がお墓に眠っている訳です。

 

しかし、遺骨ってなんなのでしょうか。

 

骨に対して祈りを捧げなければならないものなのでしょうか。

 

現状、そのようなことをすることが、私達の風習なのです。

 

故人は一体どこにいるのか

愛する故人は私達の心の中にいるのかもしれませんし。

 

千の風になって、空から私達を見ててくれているのかもしれません。

 

骨というものは、腐らないし半永久的に存在しているから私達にとって非常に都合のいいものです。

 

納骨堂

骨壺に収められるときも、遺骨は一部分だったりします。

 

例えば納骨堂へ収めるという場合、スペースの問題で、遺骨は全部ではありません。

 

そして、納骨堂には、後から亡くなった人たちの遺骨も収めるこしとが可能と言うものの、その人たちの遺骨によって、もともといた故人のスペースが狭くなり、遺骨が減らされることもあります。

 

骨というものは、故人の置き換えと考えるなら、一部分であることが非常に寂しいのです。

 

一体骨とは私達にとってどのような役割を持っているのかと言えば、私達が骨に祈るという風習に従い、安心できる環境が提供されているに過ぎないのかもしれません。

 

やっぱり骨に対してひたすら祈り続けてしまうのです。

 

墓じまいで遺骨の供養

墓じまいをみなさんがした場合、供養という問題が浮上します。

 

自由に墓じまいをしていいということではなく、しっかりルールを守らなければならないということです。

 

ただし、合祀納、骨や散骨、樹木葬や手元供養など、現在いろいろな方法があり、骨をどうすれはいいかという問題は、あらかじめ考えておかなければならないことです。

 

墓じまいの場合、散骨なら、故人を自然に戻してあげる一番いい方法かもしれません。

 

海や、山を見つめれば、そこに故人がいてくれる思いがあります。

 

ただし、散骨一つにしても私達は、ルールにしっかり従う必要がありますよ。

 

必ず粉末化して、漁業区域・海水浴場では散骨をすることが出来ません。

 

民家の近くや他人の土地に散骨はできませんし。

 

環境の問題に呉々も配慮しなければならないですし。

 

他人に迷惑をかける供養は決して故人を敬うモチベーションではありません。  

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


墓じまいする際に遺骨はどうすべき? 関連ページ

いざという時までに知っておきたい!墓じまいや永代供養とは
お墓を持ったら墓じまい手続きはこうしよう!
一体どんなトラブルが墓じまいで起こるのでしょうか?
墓じまいとは 一体何か?ここで墓じまいの方法を勉強しましょう
墓じまい相場|どの程度の費用がかかるのか相場を知りたい
墓じまい離檀料が必要って言われた!お布施のようなものですか?
共同墓地を墓じまいする際の注意点とポイントは?
大阪の人たちが難なく墓じまい出来るために
お墓が名古屋にもうお参りは無理!墓じまいを考え始めた
墓じまいは、いくら程度予算を考えるべき?
墓じまいのお供えは誰のため?内容よりも気持ちが大事!
沖縄を離れる前に!墓じまいをするならどこに相談すべき?
神奈川県内で墓じまいをするならどこの業者で?オススメ3選
京都で墓じまいを検討中!相談するならどこの業者がいいの?
神戸で墓じまいをするなら?ニーズに合わせた業者選びがカギ
札幌エリアで墓じまいをするならどこに相談するのが良いの?
墓じまいではなく散骨という新しい選択。多様化する供養のスタイル
墓じまいに親戚が猛反対!そんな時、どうやって説得する?
墓じまいが思わぬトラブルの元に?基本的な流れをおさらい!
奈良県で格安に墓じまいをするなら?キーワードは「パック」
新潟でお墓じまい!頼りになる石屋さんとお寺をチェック
墓じまいで法外な離檀料を請求された!これってアリなの?
墓じまいはどんな服装で出席するのが好ましい?服装のマナーを確認
北海道での墓じまい、お任せできる安心業者はどこだろう。
無縁仏の増加にSTOPを!お墓じまいの決断は早めが吉です。
鹿児島県で墓じまいの相談をしたい!頼りになる業者は?
過疎化で墓じまいのニーズも急増!岡山で頼れる業者は?
墓じまい後は永代供養にしたい!費用はどのくらいかかる?