介護リフォームで活躍する人々が持つ資格とは?

介護リフォームを依頼する業者選び、こんな場合の目安が、福祉住環境コーディネータの有資格者がいるかどうか。

 

介護リフォームのスペシャリストであることを証明する資格ですから、きっと力になってくれるはずなのです。

 

介護リフォームのスペシャリストとは

家族が介護を必要とするようになったなら、ホームヘルパーや看護士など数多くの人々の助けが必要となります。

 

しかし、介護が必要な人々の状態は様々、求めている介護サービスも一概には言えないもの。

 

そこで必要なのが、要介護の状態の人々を見極め、家族とも話をし、求められている介護サービスを整える人。

 

これがケアマネージャー、要介護の人々、そして家族を支える介護サービスの要のような職種なのです。

 

要介護状態の人をケアマネージャーが見たところ、住宅のリフォームが必要と考えた。

 

こんな場合に、何も介護の知識がない人にリフォームのプランを練らせるには不安があります。

 

そこで、介護リフォーム専門の知識が豊な人に資格を与えようと考えたのです。

 

それが、福祉住環境コーディネーター。

 

1999年の第1回から毎年、春と秋に試験がおこなわれています。

 

幅広い知識が必要となる専門職

介護リフォームの専門家、福祉住環境コーディネーターなのですが、必要とされる知識はリフォームのみでは足りません。

 

建築に加えて、医療や行政など、介護に関する幅広い知識が要求されているのです。

 

例えば、行政。

 

介護保険を利用した介護リフォームをおこなう場合、「住宅改修が必要な理由書」が必要となってきます。

 

これを作成できるのが、福祉住環境コーディネーターの有資格者の2級以上なのです。

 

理由書には、介護状況や住宅リフォームによる住環境の改善点、更にリフォーム後の状態についてを記入。

 

また、具体的にどのようなリフォームをおこなうかの内容などを記入していきます。

 

当然ながら、通常のリフォーム業者の手に負える代物ではありません。

 

リフォーム業者選びの目安にも

さて、介護リフォームを実際におこなう業者の選び方として、実績の豊富さを見るという方法があります。

 

また、親身になってリフォームの提案をしてくれているのかどうなのか、こんな所も重要なポイントです。

 

加えて、介護リフォームの専門資格である、福祉住環境コーディネーターが会社に在籍しているかどうか。

 

これを、チェックするのも有効なポイントということができるでしょう。

 

確かに、そんな資格がなくても有効な介護リフォームプランを作成したり、工事をおこなったり。

 

この程度のことはできるという、リフォーム業者はあるでしょう。

 

ただ、介護リフォームを任せる業者を選ぶ目安として、資格の保有者の有無で判断する、これは、有効な考え方です。

 

手すり一本付けるといっても、何も考えずに取り付ければいいというものではない。

 

要介護の人に合わせたプラン作成と実施が必要なのが、介護リフォーム。

 

それを理解していることを証明する資格が、福祉住環境コーディネーターだからです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク