岐阜県 永代供養 VEST5

海に全く接していない、まさに緑に囲まれた岐阜。

 

自然が豊富なのはもちろんのことなんですが、山間部が中心となるのでアクセスが重要となってきます。そんな岐阜にある永代供養をまかせられるところのベスト5を紹介します!

 

大智寺

岐阜市ファミリーパークの近く、 岐阜バス「三輪」下車で歩いて10分、田園を見下ろす大智寺墓地の中に永代供養墓があって供養塔の左右には個別に納骨できるように縦30cm、横45cm、深さ40cmのボックスがあります。永年に亘って合祀しない「完全永代個別納骨供養墓」ですが複数体納骨や将来の追加納骨の場合も追加納骨料は無しです。もちろん俗名や戒名などを墓石に刻字します。そして月命日と春と秋のお彼岸、お盆には合同で供養します!

 

追加納骨料は無し

 

住所:岐阜県岐阜市山県北野668-1
URL:http://eitaikuyou.gifushi.net/eitai.html

価格 連絡先 評価
20万円(納骨・供養・永代使用料、更に追加料金無しで複数体納骨できます) 058-229-1532 永代供養,岐阜

法福寺

今までのお墓や既存の永代供養墓とは違う新しいタイプの永代供養墓。新しいタイプというだけに色んな思いが込められていますよ!「生きた証」、「記念碑」、「墓碑」などとらえ方は様々ですが、最終的には意義深い人生を生きようとする人のために建立したと言って良いでしょう!納骨者のお名前は個々の石塔に戒名や俗名刻みます。そしてお骨は納骨する際に合葬となります。春彼岸、秋彼岸に法要をして供養する他に、コンサートなども開催しますよ!

 

住所:岐阜県各務原市各務車洞6799-3
URL:http://www.hofukuji.com/pc_index.php

価格 連絡先 評価
30万円(一体・合葬式) 0583-84-3510 永代供養,岐阜

卜雲寺

日本のほぼ中央に位置する伊深の里にある「卜雲寺」は、創建から何と420年になる小庵です。納骨者の戒名・俗名・家紋などを小石板に刻字して供養塔の脇にある墓誌に掲げます!お骨は骨壺で3回忌まで安置してそれ以降は合葬とします。春秋のお彼岸、お盆、その他の行事において法要を行って供養します!

 

住所:岐阜県美濃加茂市伊深町1784
URL:http://senjyuin.info/

価格 連絡先 評価
38万円(一体) 0574-29-1593 永代供養,岐阜

願成寺「光の里霊園」

東海北陸道 関ICより車で約10分、岐阜市にある大規模霊園です。願成寺と言えば有名なのが「中将姫誓願桜」ですね!この桜は国定天然記念物に指定されているんですよ。一見の価値ありです!遺骨に関しては33年間は個室に安置してそれ以降は廟内の観音像の下で合葬となり永代にわたって供養します。そして毎年、春と秋のお彼岸には願成寺会館にて供養祭を行いますよ!

 

住所:岐阜県岐阜市大洞1-21-2
URL:http://ganjouji.web.fc2.com/ganjouji/reien.html

価格 連絡先 評価
33万円(一体) 058-243-2154 永代供養,岐阜

護国之寺

岐阜駅からバスで30分程度のところにある護国之寺は国宝・重要文化財を多数有する由緒ある寺院で、そこにある「永代供養納骨霊廟」は長良川を眺め金華山を望む素晴らしい眺望!と人気です。名前は過去帳に記載する形となり、遺骨は骨壷で33回忌まで安置してそれ以降は合葬となります。春と秋のお彼岸に合同法要を行います。なお生前の予約も受け付けています。

 

住所:岐阜県岐阜市長良雄総194-1
URL:http://www.ne.jp/asahi/gifu/gokokushiji/gokokushijiHP-TOP.index.html

価格 連絡先 評価
30万円(一体) 058-231-3539 永代供養,岐阜

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


岐阜 関連ページ

北海道の永代供養 VEST5
永代供養は、今では日本全国で広まっているのだと思います。自分だったらどうするだろうとそろそろ考えてしまいますが、こういうことはいつ必要になるかわかりませんし、早めに準備してもムダになることはありませんよね。
札幌
北海道の雄大な自然には憧れがあります。厳しい気候条件もあるかと思いますが、それを差し引いてもやはり魅力的な場所だと感じます。実際に暮らしておられる方に聞いてみても、地元がいちばん良いと応える場合が多い気がします。
岩手
東北は先の震災で大変な被害を受けました。もともと海と山のキレイな素晴らしい場所ですから、一日でも早い復興を願わずにはいられません。東北で暮らす方々の精神を、自分も少しでも見習いながら復興を進める力になれればと思います。
仙台市
自然も素晴らしく、美味しい食材も豊富にそろう仙台。訪れるたびに、その魅力に引き付けられてしまいます。そして訪れるたびに新たな発見もある場所です。なかなか興味の尽きない仙台にいつか暮らしてみたいと思っています。
徳島
瀬戸内海の穏やかな海や気候を見るにつけ、こんなところに住んでみたいと思います。海の幸も魅力的で、食部分も興味があるということも大きいかもしれませんが。どんな生活が送れるのか、まずは短期間でも訪れて調べてみたいです。
新潟
夏になると海水浴へ、冬にはゲレンデへと比較的頻繁に訪れることのある新潟。海の幸と山の幸に恵まれている新潟ですが、雨や雪の被害に遭うこともたびたびありました。実際に暮らしている方々はどのような生活をされているのでしょう。
茨城
つくばエクスプレスが開通して、以前よりさらに訪れやすくなった茨城。どんどん身近になってきている気がします。昔からの農作物も変わらず生産されているので、美味しいものを食べる目的でも積極的に訪れたいですね。
埼玉県
埼玉と聞くと、東京のベッドタウンとしてのイメージがあります。マンションなどもかなりの数が建っているようですね。でも、都心から少し離れると、様子はかなり変わって、のどかな風景も見られます。こういった面も魅力なのかもしれませんね。
さいたま市
市の合併によって誕生したさいたま市ですが、東京の都心部からも比較的近いので、ベッドタウンとしての役割も大きいと思います。観光施設や商業施設もどんどん増えてきているので、多岐にわたって住みやすい場所かもしれませんね。
千葉県
東京で暮らしている人にとっては、隣接しているので足を運びやすい千葉。農作物をみても海鮮物をみても美味しいものが豊富で、グルメツアーも多いですよね。いろいろな旬を求めて、定期的に足を運びたいと思います。
神奈川県
次々と新しい商業施設などの観光スポットができていたり、あるいは古き良き時代を今も変わらず伝えていたりと、歴史と最先端のものがどちらも楽しめる神奈川。もちろん、海や山など自然に触れられる場所も魅力的ですね。
東京都内
東京はとにかく人が密集しているイメージですよね。これだけの人口を抱えていて、はたして墓地は空いているのかという心配は常に付きまとっています。最近は埋葬方法もさまざまでしょうから、この悩みも解決する手段を探していきたいと思います。
八王子
東京の都心部からは離れるとはいえ、やはり墓地をどうするかというのは悩む部分だと思います。以前からずっと住んでいるという方は代々のお墓があるかもしれませんが、それでもそこへそのまま入るのかなど、最近の埋葬の形態が多様になっているので選択肢は多そうです。
横浜
先進的な都市としての面と、昔からの良さを残し続けている面と両方楽しむことができる横浜。地元の方々が愛してやまないのも理解できる気がします。年を重ねても、慣れ親しんだ土地でゆっくりしたいものですよね。
長野県
信州という言葉を耳にするだけで、思わず豊かな自然を思い浮かべてしまいます。キレイな山々を眺めているとすがすがしい気分になりますよね。将来のことを考えると、このような場所でゆったりとした気持ちで過ごしたいなと思います。
静岡県
全国的にも有名な特産物が多いですし、なんといっても富士山の世界遺産登録でますます観光で訪れる人も増えているのではないでしょうか。キレイな空気と風景のもと、移住される方もけっこういらっしゃるのではないでしょうか。
愛知県
グルメやその他の部分についても独自の文化が根付いているように感じる名古屋ですが、愛知県の他の地域はどんな風なのでしょうか。地元を愛する方々も大勢いらっしゃると思うので、最後まで長く暮らしていけると幸せだなと思います。
名古屋
オリジナルな食文化があったり、車社会であったりというイメージのある名古屋。名古屋でないと経験できないようなことがいろいろとありそうで、興味が尽きません。地元を愛している方々もきっと大勢いらっしゃるのでしょうね。
関西
最近はさまざまな家族構成に移り変わってきました。またそれに合わせてか人の意識も変わってきている部分もあり、自分や家族の人生の終わり方が多種多様になってきました。関西でもそれは例外ではないようです。
滋賀県
豊かな水をたたえた琵琶湖がある滋賀。昔からの文化が今も根付いている場所はたくさんあると思います。お寺などは比較的多いようなイメージがあるのですが、滋賀でも供養の方法は多様化してきているのでしょうか。
大阪市
日本でも有数の人口をもつ大阪市。これだけ大きな都市ともなると、他の都市と同じようにやはり墓地のあり方の問題も浮上してくるのでしょうか。できれば家の近くで長く管理してもらえる場所を見つけたいですよね。
京都
京都は歴史あるお寺が多くありますが、実際に暮らしている方の霊園や墓地とはまた別のものなのでしょうか。最近は家族のあり方にもいろいろなケースがありますから、一般的なかたちにとらわれる必要はないのかもしれませんね。
奈良
歴史的な神社仏閣が今も残っている奈良ですが、それにも劣らない神聖な雰囲気の漂う自然もあってステキなところですね。むしろそういった自然があるからこそはるか昔から人々が土地を大切にしながら生きてきたのかもしれません。
和歌山
和歌山は海に面していて漁業が盛んですが、山も美しいまま残されていて魅力的ですよね。林業なども有名で聞いたことがあります。寺院や温泉など観光で訪れるとしても行きたい場所がたくさんあって困ってしまいます。
兵庫県
昔から政治や文化の要所として発展してきている兵庫県。さまざまな面を持っていて、地域ごとにも異なる文化がありそうです。歴史と新しいものに触れることができる機会が多いので、暮らしてみたい場所でもあります。
神戸市
歴史ある街の神戸は、穏やかな海と山の両方があって風景を見るだけでもキレイで憧れます。独特な雰囲気のある場所ですが、地元を愛する方々も大勢いらっしゃると思います。最後まで慣れ親しんだ土地で過ごしたいものですよね。
明石
日本の標準時となっている町として子供の頃から授業などでよく耳にしていた明石。自然が多いとやはり落ちつきます。気候が穏やかそうなイメージがあるのですが、実際に暮らしてみるとどんなところなのでしょうか。
姫路
はるか昔から栄えてきた姫路ですが、その歴史ある町の名前を聞いていちばん最初に思い浮かぶのは、やはり世界遺産にもなっている姫路城です。町の中にそびえるあの雄大な姿は、何度見ても圧倒されてしまいます。
岡山
美味しそうな果物、特に桃やマスカットなど、本当に絶品なものがそろう岡山。それだけでももう興味が尽きないのですが、そういった良いものが育まれている土地はどんな場所なんでしょう?きっと気候も穏やかなのだろうと期待しています。
香川県
瀬戸大橋を渡って行くとき、なんとも壮大で心が洗われる気がします。そして瀬戸内海を渡り終えたときに到着する香川ですが、元々有名な金刀比羅宮に加えて、讃岐うどんの名前もいまや全国区となっていますよね。
愛媛
素人考えですが、柑橘系のフルーツといえば愛媛産というイメージがあります。柑橘類の育つ土地柄や気候というのは、想像だけでもなんとも清清しい気分になってしまいます。そんなのんきなことを言っていられるような土地なのか、実際に暮らす方々に確かめてみたいところですが。
広島市
さまざまな歴史をもつ広島。路面電車の走る風景も絵になって良いところだと思います。瀬戸内海に面していますし、気候は穏やかなのかなという印象ですが、実際に訪れてみると意外と山林も多いようですね。
福岡県
九州地方の拠点としての役割も担っているであろう福岡。いろいろな種類の食文化が発達していて、屋台が立ち並ぶ光景は本当に食欲をそそられますね。人口も多いですが、墓地や霊園、供養といった面は今変化してきているのでしょうか。
沖縄
美しい自然に恵まれている沖縄ですが、その魅力は実に多岐にわたりますよね。沖縄でしか経験できないことが数多くあります。歴史や文化を十分に知った上で、沖縄で暮らすということを真剣に考えてみています。