老いたら夫婦で仲良く老人ホーム!費用はどのくらいかかる?

夫婦で老人ホームに入居する場合の費用目安について調べてみる。

 

老人ホームは基本的には一人で入居する場所、というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は夫婦で一緒に入居できるタイプの施設もあります。

 

ただ、費用は高くなりますし、全ての老人ホームが受け入れ可能なわけではありません。

 

今回は、夫婦で入居できる老人ホームのタイプや費用目安についてまとめてみました。

 

人生の大部分を一緒に生きてきた「人生の同志」だからこそ、老いても一緒にいたい。

 

もはや「空気」とも言える存在になったパートナーと最後まで連れ沿うにはどんな施設を選べば良いのでしょうか。

 

老人ホームも夫婦で一緒が安心?その希望は叶うの?

長年連れ添った夫婦というのは、他人にはわからない強い絆で結ばれているようです。

 

もしかしたらそれを「愛」というのかもしれませんが、両親を見ていると「そんな耳障りの良い言葉で簡単に表現できるようなものでもないのかも・・・。」とすら感じるほど。

 

辛苦を一緒に乗り越えてきた二人ですから、「老人ホームに入るようになっても一緒にいるのがラク」という夫婦も多いことでしょう。

 

子供の立場からしても、両親が同じ老人ホームに居てくれたほうがなんとなく安心ですよね。(ソフト面だけでなく、事務処理などハード面でもラクですし・・・。)

 

しかし、全ての老人ホームでその希望が通るわけではありませんし、夫婦で入居となると当然のことながら費用も高くなります。

 

費用が比較的安い公的な老人ホームは、基本的には「要介護度」の認定状況によって入居の可否が決まりますので、「夫婦一緒」は難しいと思っておいたほうが良いでしょう。

 

※ここで言う「公的な老人ホーム」とは、要介護度3以上の方を対象とする特別養護老人ホーム、リハビリがメインの介護老人保健施設を意味します。

 

夫婦で入居できる老人ホームとその費用

どんなに仲良しな夫婦で、同じような食生活、ライフスタイルを送っていたとしても、老化の程度には差が出てくるでしょう。

 

そもそも、男性と女性では平均寿命が6歳も違いますからね。

 

生まれ持った体質もありますし、夫婦が全く同じ程度の要介護度で老人ホームに入居できる可能性は低いのはないでしょうか。

 

しかし、夫婦そろって元気で、自分のことは自分できるという自立した状態を維持することができていれば話は別です。

 

公的な老人ホームの中には「経費老人ホーム」(ケアハウス)のように自立した高齢者向けの施設もあります。

 

このような施設であれば、夫婦で同じ部屋に入居することもできますよ。

 

費用は一人当たり月額8万円~20万円ですから夫婦だと少なくとも16万円~20万円は見ておいた方が良さそうですね。

 

また、民間の有料老人ホームなら、介護が必要であっても夫婦で入居できるところもあります。

 

ただ、費用はピンキリで、一人あたり25万円以上のところも珍しくありません。

 

二人だとひと月50万円、年間で600万円もかかるわけですから、それなりの資金力が必要ですね。

 

老いてからも夫婦一緒!・・・は本当に幸せか?

私の周りには子供のいないディンクス夫婦が多いのですが、老後の話になるとみんな「夫婦で老人ホームに入るから大丈夫」と妙に楽観的。

 

彼らの多くは、民間のサービス付き高齢者向け住宅に入居するというプランニングを練っているようです。

 

これは、2011年の「高齢者住まい法」の改正で制度化された高齢者向けの賃貸住宅のようなもので、必要に応じて介護サービスを受けられるところもあります。

 

その需要は年々高まっているようで2016年現在の戸数は約20万戸。

 

2012年の時点では5万戸にも満たなかったわけですから、かなりのハイペースで設置が進んでいるということですよね。

 

それだけ、「夫婦で老人ホームに入りたい」という方が多いということなのかもしれません。

 

費用は一人当たり月額10万円~ですから、夫婦だと20万円~。

 

サービスによっても金額は違ってきますが、少なくとも夫婦が元気で自律していれば(介護サービスを受ける必要がない程度に)べらぼうに高いというわけでもありませんよね。

 

彼らの話を聞いて、「私も、将来は子供に迷惑をかけたくないので夫婦で老人ホームへ」・・・なんて考えたりもしましたが、できればそれは避けたいですね。

 

父親を見ていて思うのですが、老いてからの男性はまるで子供のようなふるまいをすることが多くなります。

 

平均寿命も女性のほうが6年も長いわけですから、夫婦で一緒に老人ホームに入居したらそこでも結局、あれこれ世話を焼いてあげなければならない羽目になるのではないかと・・・。

 

30年、40年と連れ添っていれば、それでも一緒に最期を迎えたいと思えるようになるのでしょうか。

 

正直、今はまだそんな風には思えません!

 

30代、40代の方にとっては「まだまだ先のこと」と思われるかもしれませんが、費用のこともありますし、老後のことは早め早めに夫婦で話し合っておくことをオススメします。

 

ある意味では、それがパートナーや子供への「愛」の表し方なのかもしれません。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


老いたら夫婦で仲良く老人ホーム!費用はどのくらいかかる? 関連ページ

老人ホームの入居に必要な費用の平均ってどのくらい?
老人ホームの初期費用で「一時金」の意味と相場を知りたい!
老人ホームの一ヶ月あたりの費用を確認!相場と内訳は?
老人ホームの年間費用の相場は?施設別の金額をチェック!
年金で老人ホームの費用を賄いたい、なんて甘過ぎる?見るべき現実
老人ホームの費用が高過ぎて老後が不安!補助金は出るの?
老人ホームの費用は介護保険でどこまでまかなえますか?
老人ホームの費用も医療費控除の対象!適用される条件は?
老人ホームの費用のために貯金!それだけで安心できるの?
老人ホームの費用を一括で支払うメリットが知りたい!
老人ホームの気になる費用と内訳。差が付くのはどんな項目?
確定申告はスルーしちゃダメ!老人ホームの費用は控除の対象
費用が格安な老人ホームはどうやって見つけることができますか?
老人ホームの健康診断が気になる!項目は?費用負担は?
費用が安い公営老人ホームに入りたい!その願いは叶う?
終身契約の老人ホームで穏やかな日々を。費用と注意点を確認
老人ホームの宿泊版!ショートステイのサービスと費用に注目
障害者は老人ホーム費用も高くつく?誤解と不安を解消!
生活保護でも老人ホームに入れる!費用は誰が負担するの?
老人ホームは賃貸と同じ!知っておくべき退去費用のコト
寝たきりは費用が倍増?知っておきたい老人ホームの料金体系
老人ホームの費用が払えない!そんな時に使える救済制度は?
ハワイの老人ホームで悠々自適な老後を。まずは費用を確認!
フィリピンでの老後生活は本当に格安?老人ホームの費用は?
老人ホームの入居には保証人が必要!外注する場合の費用目安
老人ホームの費用が実質無料に!?ウマイ話の光と影
条件次第では老人ホームの費用が免除されるってホントなの?
両親が老人ホームに入居!費用は誰がどれだけ負担するべき?
老人ホームの費用もローンで!?気になる融資条件と金額
ワタミが運営する格安老人ホーム。気になる費用と評判は?
ベネッセの老人ホームってどうなの?費用の相場をチェック!
秋田の老人ホーム事情、費用の点での傾向は同じ
愛知県の老人ホームの費用は全国平均より低めですね