老人ホームの費用が実質無料に!?ウマイ話の光と影

費用が無料で老人ホームに入居することは可能なのかどうか、調べてみました。

 

費用が高額だという印象の強い老人ホームですが、実際は各世帯の経済状況に合わせた負担で入居できるようになっています。

 

公的な施設であれば、実質的に無料に近い負担で入居できるケースもありますし、民間の老人ホームでも「入居一時金が無料」のところも増えていますね。

 

ただ、そこには落とし穴もありますので注意が必要のようです。

 

誰でも、できれば格安に老人ホームに入りたい!

 

それでもって、手厚い介護を受けたい!

 

・・・ですが、超高齢化社会と言われる日本にあっては現実はそれほど甘くはないようです。

 

費用が無料の老人ホームなんてあり得るの!?

民間の有料老人ホームはもちろんのこと、公営の施設であっても「老人ホームにはなにかとお金がかかる」というのは一般的な認識ですよね。

 

私たちのように「お前が老人になった時は、年金なんてほとんどもらえないかもしれないぞ」と言われ続けてきた世代にとっては、老後はもはや恐怖の世界・・・。

 

年金はほとんどもらえない、貯金も微々たる額しかない、おまけに頼れる身内もいないとなれば、一体どうやって老人ホームに入居したら良いのでしょうか?

 

ひょっとしたら、さまよえる老羊たちを救うべく費用が無料で入れる老人ホームがあったりするのか!?公的な施設ならそのくらいやってくれるのかも・・・。

 

と期待して調べてみましたが、残念ながら完全に無料の老人ホームというのはあり得ないようです。

 

ただ、入居する時の一時金(家賃をまとめて前払いするようなイメージです)が無料という施設は増えていますし、「費用が格安!」を謳い文句にしている施設も結構あります。

 

高額な費用を提示して空室を持て余すよりも、少々値段を下げてもどんどん利用してもらったほうが施設側にとってもメリットになりますからね。

 

とはいえ、人口が集中する都市部では高額な老人ホームでも空室待ちのところもありますし、比較的リーズナブルな公的施設であればなおさらのことです。

 

「格安で、あわよくば無料で老人ホームに入りたい」というのは、限りなく夢物語に近い話と考えて間違いないでしょう。

 

老人ホームは収入に見合った負担で入居できる

そうはいっても年齢の波に逆らうことはできませんので、加齢と共に身体の機能は衰えていきます。

 

「老人ホームに入居する必要がないくらい元気でいたい。自立した生活を送りたい」と思っても、それが叶わないケースだって多いわけです。

 

仕事は当然できないでしょうから収入を増やすことは難しいでしょうし、手元の資金と年金でどうにかするしかありません。

 

「こんな資金力じゃ老人ホームに入居するのはとても無理だ」と絶望的な気持ちになるかもしれませんが、そこはご安心を。

 

老人ホームの費用は、各世帯の所得額によって変わります。

 

それなりに稼ぎがある(住民税を納めている、という意味で)お子さんと世帯を共にしているのであれば「支払い能力がある」とみなされて老人ホームの費用も高くなります。

 

一方、経済的に困窮している世帯に対しては、市町村が補助してくれますので負担金は少なく済みます。

 

「無料」とはいかないまでも、少なくとも年金でカバーできる金額くらいの負担額で入居できる可能性は十分にあるんですよ。

 

年金だけでは足りない部分は生活保護で補うこともできますし、まずは市役所や地域包括支援センターにご相談ください!

 

※実際に困っている高齢者の方の多くは、ネットを利用して情報収集をすることなどできません。お近くでお困りの方がいらっしゃるようでしたら、相談先を教える、付き添いで一緒に行くなどサポートをしてさし上げましょう。

 

注意!タダより高いものはない・・・

このように、無料ではないまでも少ない負担で老人ホームに入居する道はあります。

 

特に、生活保護を使って公的な施設を利用するのであれば費用は実質無料ですよね。

 

それを狙って、あえて親と子で世帯を分離する(そうすることで収入を少なく見せる。困窮していることをアピールする)ケースもあるようですが・・・。

 

「親の老人ホームの費用を負担するほど自分たちの暮らしにも余裕がない」

 

というのはよくわかりますが、あまりに度が過ぎる手口だとすぐにバレますし、受け入れる側も心証は良くないですよね。

 

介護のプロですから、それでサービスの質に差を付けたりすることはないと思いますが、親が老人ホームで肩身の狭い思いをするというのもちょっと切ないです。

 

安い話には裏がある!?

また、民間の老人ホームを選ぶ場合、安易に「無料」や「安さ」に飛びつくのも危険!

 

入居一時金が無料の場合、確かに最初はお得に見えるかもしれませんが、その分だけ月額費用は高く設定されていますのでトータルで考えると分割払いのほうが高くつくこともあります。

 

こういった料金システムについて、わかりやすく詳細に説明してくれるかどうかも老人ホームの質を見極めるポイント!

 

「一時金は無料だけど、トータルだと高くなりますよ。○年目で、総額が逆転しますよ」。

 

というようなことを具体的に教えてくれる良心的な老人ホームに入居したいですね。

 

介護は一つの「ビジネス」ですから、(えげつない言い方ですが)高齢者を食い物にしてお金儲けをしようとしている人達も少なからず存在しているわけで。

 

大切な人や自分自身の老後を預ける形になるのですから、パッと見の金額に流されるのではなく本質を見抜く目を養いたいものです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


老人ホームの費用が実質無料に!?ウマイ話の光と影 関連ページ

老人ホームの入居に必要な費用の平均ってどのくらい?
老人ホームの初期費用で「一時金」の意味と相場を知りたい!
老人ホームの一ヶ月あたりの費用を確認!相場と内訳は?
老人ホームの年間費用の相場は?施設別の金額をチェック!
年金で老人ホームの費用を賄いたい、なんて甘過ぎる?見るべき現実
老人ホームの費用が高過ぎて老後が不安!補助金は出るの?
老人ホームの費用は介護保険でどこまでまかなえますか?
老人ホームの費用も医療費控除の対象!適用される条件は?
老人ホームの費用のために貯金!それだけで安心できるの?
老人ホームの費用を一括で支払うメリットが知りたい!
老人ホームの気になる費用と内訳。差が付くのはどんな項目?
確定申告はスルーしちゃダメ!老人ホームの費用は控除の対象
費用が格安な老人ホームはどうやって見つけることができますか?
老人ホームの健康診断が気になる!項目は?費用負担は?
費用が安い公営老人ホームに入りたい!その願いは叶う?
終身契約の老人ホームで穏やかな日々を。費用と注意点を確認
老人ホームの宿泊版!ショートステイのサービスと費用に注目
障害者は老人ホーム費用も高くつく?誤解と不安を解消!
生活保護でも老人ホームに入れる!費用は誰が負担するの?
老人ホームは賃貸と同じ!知っておくべき退去費用のコト
寝たきりは費用が倍増?知っておきたい老人ホームの料金体系
老人ホームの費用が払えない!そんな時に使える救済制度は?
ハワイの老人ホームで悠々自適な老後を。まずは費用を確認!
老いたら夫婦で仲良く老人ホーム!費用はどのくらいかかる?
フィリピンでの老後生活は本当に格安?老人ホームの費用は?
老人ホームの入居には保証人が必要!外注する場合の費用目安
条件次第では老人ホームの費用が免除されるってホントなの?
両親が老人ホームに入居!費用は誰がどれだけ負担するべき?
老人ホームの費用もローンで!?気になる融資条件と金額
ワタミが運営する格安老人ホーム。気になる費用と評判は?
ベネッセの老人ホームってどうなの?費用の相場をチェック!
秋田の老人ホーム事情、費用の点での傾向は同じ
愛知県の老人ホームの費用は全国平均より低めですね