老人ホームの費用もローンで!?気になる融資条件と金額

老人ホームの費用にも充てられる介護ローンについて。

 

介護はある日突然始まるもの。

 

親の介護費用や老人ホームの入居費で家計が破たんする・・・なんてことが現実問題として誰にでも起こり得る世の中です。

 

そこで、最近は老人ホームの費用をフォローできる介護ローンも登場!

 

しかし、住宅ローンと同様、融資を受けるためには満たすべき条件があるようです。

 

そのため事前確認が必須だということが分かりました。

 

老人ホームに入居するためには、施設によっては一時的に数百万円のまとまったお金が必要になることも。

 

そんな大金、みなさんは一体どうやって捻出しているの!?

 

これは助かる!介護もローンが使える時代

言うまでもないことですが、介護にはなにかとお金がかかります。

 

自宅で介護するにしても介護用品のレンタル、介護サービスの利用・・・と月に数万円の費用はかかりますし、老人ホームに入居するとなればなおさらのこと。

 

公的な老人ホームだとしても、少なくとも月に6万円前後の費用は発生するものと考えておいたほうが良いでしょう。

 

自分の家庭を支えるだけで精いっぱいな時に、親の介護が始まったら・・・と考えると、正直、憂鬱な気持ちになります。(父さん、母さん、ゴメンナサイ!)

 

幸い、我が家の場合は両親ともに厚生年金の受給者ですし、貯金もそれなりにあるようなので金銭的には恵まれているほうなのかもしれませんが・・・。

 

これが、「貯金ナシ」「国民年金のみ」となると状況はキビシイでしょう。

 

年金を満額でもらっても6万円~7万円という方も多いので、それだとギリギリですよね。

 

月の費用が10万円を超える民間の老人ホームはまず無理でしょう。

 

しかし、なんと今の時代は「介護ローン」という便利なシステムがあるんですって!

 

住宅のローンと同様に銀行や信託銀行などで借りることができ、老人ホームに入居するためのまとまった資金を調達したいという方をサポートしてくれます。

 

具体的にどのくらいまで融資してもらえるの?気になる金利は?

介護の平均期間は4~5年だそうですから、年間費用が100万円だとしたら400万円~500万円必要になるということですよね。

 

家を買うよりは安いとはいえ、車が数台買える金額・・・決して安くはありません。

 

では、介護ローンではどこまでその資金をまかなえるのか?どのくらいの期間で返済すれば良いのか?

 

これはローンを組む銀行によって異なりますが、だいたいはMaxで500万円くらい。

 

住宅ローンとは違って、担保や保証人が要らないところが多いというのが特長ですね。

 

家を買う場合は「ある程度は貯金ができてから」と時期をコントロールすることができますが、介護は待ったナシ!ですからね。

 

ある程度、誰でも借りやすいローンでなければ困ります。

 

基本的には、以下の条件を満たしていれば割とすんなりと融資を受けられるようですよ。

  • 介護を受ける人の親族である。
  • 申し込みをする人の年齢が20歳以上65歳未満。
  • 完済時の年齢が70歳未満である。
  • 安定した収入があり、保証会社の融資基準を満たしている。

親の介護問題が深刻になるのは、30代、40代の働き盛りの頃でしょうから、普通に会社勤めをして一定の収入があれば問題なくローンを組めそうです。

 

介護ローンのハードルはそれほど高くはないと言っても過言ではないでしょう。

 

ただ、用途はかなり限定されていて、基本的には「介護」に関する費用のみ。

 

具体的には、介護用品の購入やレンタル、介護のためのリフォーム、老人ホームへの入居一時金や費用など。

 

入院や医療にかかる費用については融資の対象外となります。

 

介護ローンで親孝行!でも・・・自分の老後は大丈夫?

「な~んだ。老人ホームの費用にもローンが使えるなら、親の介護についてはなんとかなりそうだな。」

 

・・・と思ったアナタ!

 

確かに、ローンを組めばその数年はなんとか凌げるかもしれませんが、住宅ローンに介護ローンが加われば、今度は自分の老後が不安になりませんか?

 

介護ローンだって借金には違いありませんからね・・・。

 

安易にローンを組むよりは、基本的には親の年金と財産でどうにかしようと考えたほうが賢明です。

 

例えば、実家を担保に融資を受けて親を老人ホームに入居させ、親が亡くなった時にその実家を売却して返済するという方法もあります。

 

うちのようにあまりに田舎過ぎて、しかも豪雪地帯!となると、その家が売れるかどうかが怪しいですが。

 

ローンを組む場合は金利の変動も気になりますし、家を担保にするにしても地価の変動による影響は免れません。

 

いずれにしても、お金を借りて老人ホームの費用を工面するというのは経済面でのリスクを伴うこと。

 

まずは年金+αの範囲内でどうにか老人ホームに入居できないものか、ケースワーカーさんや市町村窓口に相談してみましょう。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


老人ホームの費用もローンで!?気になる融資条件と金額 関連ページ

老人ホームの入居に必要な費用の平均ってどのくらい?
老人ホームの初期費用で「一時金」の意味と相場を知りたい!
老人ホームの一ヶ月あたりの費用を確認!相場と内訳は?
老人ホームの年間費用の相場は?施設別の金額をチェック!
年金で老人ホームの費用を賄いたい、なんて甘過ぎる?見るべき現実
老人ホームの費用が高過ぎて老後が不安!補助金は出るの?
老人ホームの費用は介護保険でどこまでまかなえますか?
老人ホームの費用も医療費控除の対象!適用される条件は?
老人ホームの費用のために貯金!それだけで安心できるの?
老人ホームの費用を一括で支払うメリットが知りたい!
老人ホームの気になる費用と内訳。差が付くのはどんな項目?
確定申告はスルーしちゃダメ!老人ホームの費用は控除の対象
費用が格安な老人ホームはどうやって見つけることができますか?
老人ホームの健康診断が気になる!項目は?費用負担は?
費用が安い公営老人ホームに入りたい!その願いは叶う?
終身契約の老人ホームで穏やかな日々を。費用と注意点を確認
老人ホームの宿泊版!ショートステイのサービスと費用に注目
障害者は老人ホーム費用も高くつく?誤解と不安を解消!
生活保護でも老人ホームに入れる!費用は誰が負担するの?
老人ホームは賃貸と同じ!知っておくべき退去費用のコト
寝たきりは費用が倍増?知っておきたい老人ホームの料金体系
老人ホームの費用が払えない!そんな時に使える救済制度は?
ハワイの老人ホームで悠々自適な老後を。まずは費用を確認!
老いたら夫婦で仲良く老人ホーム!費用はどのくらいかかる?
フィリピンでの老後生活は本当に格安?老人ホームの費用は?
老人ホームの入居には保証人が必要!外注する場合の費用目安
老人ホームの費用が実質無料に!?ウマイ話の光と影
条件次第では老人ホームの費用が免除されるってホントなの?
両親が老人ホームに入居!費用は誰がどれだけ負担するべき?
ワタミが運営する格安老人ホーム。気になる費用と評判は?
ベネッセの老人ホームってどうなの?費用の相場をチェック!
秋田の老人ホーム事情、費用の点での傾向は同じ
愛知県の老人ホームの費用は全国平均より低めですね