介護保険で老人ホームに入居したい!介護保険で入居する条件は?

介護保険を使って老人ホームに入居する場合に知っておきたい条件とは。

 

介護保険は、介護が必要な世代をみんなで支え合いましょうという互助の仕組み。

 

40歳から所定の保険料を納めていれば、介護が必要になった時にその費用の大部分を保険でまかなうことができます。

 

もちろん、老人ホームでも利用可能!

 

ただし、誰でも・いつでも使えるわけではありません。

 

介護保険を利用するには満たすべき条件があり、利用できるサービスの種類や量にも一定の制限があります。

 

そもそも、介護保険とはどのような仕組みなのでしょうか。

 

老人ホームを利用する時に発生する費用は、介護保険でどこまでカバーできるの?

 

介護保険って何?

例えば歯の詰め物が取れて歯医者に行った時、治療の内容にもよりますが自分が支払うのはせいぜい数千円のものですよね。

 

これは、健康保険という仕組みで「加入している人の自己負担は3割」と決まっているからです。(※加入している健康保険の種類によって割合は異なりますが、ほとんどが3割となっています。)

 

実際には数万円相当の治療がなされているわけですが、それを個人が毎回負担するのは無理がありますからね・・・。

 

これと同じような制度が介護の世界にもあります。

 

平成12年からスタートした介護保険という制度で、簡単にいうと「健康保険の介護版」みたい位置づけ。

 

40歳からの加入・保険料の納付が義務付けられており、一定の条件を満たせば1割の自己負担で様々な介護サービスを受けることができるのです。

 

(※本人の所得が160万円以上、年金のみなら280万以上の場合は2割負担になります。また、夫婦合わせて346万円以上の所得がある場合も2割負担です。l)

 

ただ、問題は、実際に利用するまでの手続きが面倒くさいということ!

 

健康保険のように保険証を見せれば誰でも利用できるというわけではないのがネックです。

 

老人ホームでも、施設の種類によって適用条件や利用限度額が違ってきますのであらかじめ勉強しておきましょう。

 

えっ!民間の老人ホームでは介護保険は使えないの?

介護保険で受けられるサービスとしては、次のようなものがあります。

  • 自宅での訪問介護(食事作り、洗濯、掃除、買い物代行等)
  • 老人ホームなどの介護施設への通所
  • 短期入所(デイサービス、ショートステイ)
  • 施設入所(老人ホーム)
  • 介護用品レンタル

ここでいう「施設」とは、「特別養護老人ホーム」「老人介護保健施設」「介護療養型医療施設」の3つ。

 

いわゆる「公的な老人ホーム」と呼ばれる施設です。

 

ここで、「えっ!民間の有料介護付き老人ホームでは介護保険は使えないの!?」という疑問を抱く方も多いことでしょう。

 

これに関しては「特定施設入居者生活介護」という区分になり、あくまでも「在宅での介護サービスの一部」という扱いになります。

 

介護保険に関する新しい動きに注目!

また、介護保険を利用するためには「要介護度」の認定を受ける必要があります。

 

費用が安いことで人気の特別養護老人ホームの場合は入居の条件が「要介護度3以上」。

 

一人で立ち上がることが難しく、排せつや入浴にもサポートが必要な状態を意味します。

 

この場合、介護保険の利用限度額は約27万円/月で、自己負担は1割ですから月に27,000円程度。

 

要介護度5でも、月に4万円未満です。

 

これを超えるサービスを受ける場合は全額自己負担になるわけですが、一般的には限度額の範囲内に抑えられるようにプランを組んでもらうことができます。

 

家賃も安くて、介護サービスの費用にも介護保険が使える・・・となれば、民間の老人ホームに人気が集中するのも無理はありません。

 

ただ、前述した通り特養は要介護度3以上が条件ですし、「老人介護保健施設」はリハビリがメインでいずれは自宅に戻ることを目的としています。

 

「介護療養型医療施設」は廃止の方向・・・となれば、要介護度が2、1の方は訪問介護を受けるか民間の老人ホームを利用することになるでしょう。

 

在宅介護はお金も体力も要るし、かといって民間の老人ホームは高い!と頭を抱えてしまいますが・・・。

 

急速に進む高齢化の対策として、今後は介護保険の規制も緩和されていくものと予測されます。

 

実際、介護保険と保険外サービスを組み合わせた「混合介護」の実施を計画している自治体もあるとか。

 

東京都の豊島区では、2017年を目処に、介護を受ける本人だけではなくその家族の食事や洗濯をサポートできる仕組みを作る予定だそうです。

 

訪問介護の時に他の家事も併せてお願いできれば、介護する家族の心理的・身体的負担はいくらかラクになるでしょう。

 

老老介護が社会問題になりつつある昨今ですから、これからは介護する側にもフォーカスした介護保険のアップデートに期待したいものです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


介護保険で老人ホームに入居したい!介護保険で入居する条件は? 関連ページ

老人ホームは簡単には入れない!知っておくべき理由と対策
老人ホームは愛犬同伴でOK?本当に幸せな老後のために考える
運動で若返る!老人ホーム生活を充実させるための工夫に密着!
老人ホームライフが楽しくなるかどうかは栄養士さん次第!?
老人ホームと介護施設の違いは?入居条件を併せてチェック!
老人ホームの給食がスゴイ!給食で「食」を楽しんで若返りを促進
老人ホームの献立が気になる!食を楽しむための献立の工夫とは?
困った時はショートステイにSOS!老人ホームの賢い使い方
生活保護で老人ホームはズルい手段?不正行為なの?それは誤解かも
老人ホームの体験入居で不安解消!こんな部分をよく見ておこう
老人ホームでよくあるトラブル3選。回避するための心得とは
人気の老人ホームを決める3つの要素とは?
老人ホームの評判は簡単には集まらないから判断が難しい。。
夫婦で入居するパターンも老人ホームによって色々と選択肢が違う
メリットとデメリットの両面を見据えた老人ホーム選びが大切
当てにならない「2017年度版老人ホームランキング」
老人ホームの入居には連帯保証人が必要です
ローンを組んで老人ホームに入居する、今はそんな時代です
病気のせいで老人ホームを退去することに?
病院併設の老人ホームなら安心感は絶大だと思うのです。
有料老人ホームが多い割には費用が安い青森県
茨城県は費用が低めの老人ホームが豊富
岩手県は費用が抑え気味の老人ホームが多くお財布に優しい
費用面では恵まれている石川県の老人ホーム事情
愛媛県の人気の有料老人ホームは費用は抑えめだった
大阪でも費用が安い老人ホームは見つかるものの評判が
沖縄の老人ホームはリゾートホテルのよう!その分費用が高いけど
老人ホームの費用面もケアもバラエティにとんだ大分県
岡山県の老人ホーム、費用は高めの傾向がある?
帯広の有料老人ホームの費用は低め
費用は少なくて済む?!鹿児島県の老人ホーム事情
神奈川県は費用がかかる老人ホームが多い印象がある
地域によって費用も異なる京都府の老人ホーム事情