お墓参りの買い物は、早朝に買いに行くといい物が手に入りやすい

お盆やお彼岸の時は、どの地域でも早朝から店を開けることが多いのではないでしょうか。

 

お墓参りに持っていくお花やお供え物は、作りたてや活きのいい物を手に入れて、供えたいはずです。

 

そのため、この時期は早くから店を開けているのです。

 

なぜ早くから営業しているの?

お盆もお彼岸も暑さが感じられる時期にあります。

 

ご先祖や故人を供養するために供える物が悪くなってしまっては、元も子もありません。

 

そのため、この時期だけは新鮮なものをお供えできるようにと考えられています。

 

訪れる人にとってもメリットは多い

しかも、お盆などは朝の涼しいうちにお墓参りをしておこうという先人たちの知恵でもあります。

 

暑い時間帯に行けば、墓石もじりじりしますし、その前に蓮の笠をかぶせてあげたいという思いもあるからではないでしょうか。

 

ご先祖や故人に対する思いやりが感じられますし、熱中症などを引き起こさないようにするためにはいい習慣ではないでしょうか。

 

それに夏場はものが腐りやすいので、お団子なんかはすぐにダメになってしまいます。

 

腐らせてしまっては、ご先祖にも悪いですし、おいしい物を共有出来るチャンスを失ってしまうことになります。

 

早朝から店を開けてものを売っているのはこういう理由からです。

 

早い時間の準備が有効

お盆などの年中行事の時にお墓参りをする時は、悪くなりやすいものをお墓参り当日の早朝に購入するようにします。

 

作りたてや活きのいい物をそのままお供えすることが出来るようにするといいでしょう。

 

自宅で手作りする場合でも朝早くから行うと悪くなるのを少しでも抑えることが出来るはずです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


お墓参りの買い物は、早朝に買いに行くといい物が手に入りやすい 関連ページ

常識?非常識?朝からお墓参りする理由とは?
私の実家がある田舎では農家が多く、広い田んぼの隅っこにその家のお墓がある光景をよく見ます。そんなおうちの方は朝、必ずお参りされるようで、私たちが学校に行く途中、おばあさんがお花を生け替えてお線香を焚いている姿をよく見かけました。ご先祖様もいつも一緒に農作業をして、収穫を喜んでいるのでしょう。
お墓参りには年に何回くらい行けばいいのか?
私は近くにある主人の実家のお墓には年に最低3回はお参りに行きます。でも、自分の父のお墓は遠くにあるので夏の帰省の時に1回行くだけということが多いです。特に年に何回行かなくてはいけないという決まりがあるわけではありませんが、やっぱり近くにあればいいなぁと思うことがあります。
家族揃ってお墓参りを!お彼岸にはどんな意味があるのでしょう?
お彼岸は春と秋の2回あります。どちらもその年によって変動しますが、だいたい3月21日頃と9月23日頃を中心として前後3日間を合わせた7日間のことです。 その最初に費を彼岸の入り、春分の日や秋分の日を彼岸の中日、そして最後の費を彼岸の明けといいます。この期間に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行くことが出来ると言われています。
お墓参りをしてはいけない日や避ける日はある?
ご先祖様をお参りするのはいつでも良いとはいうものの何となく友引や仏滅は避ける日としている人が結構いるようです。確かにお葬式は友引を避けることが良くありますが、六曜はお墓や仏教とは無関係なので法事もお墓のお参りも気にする必要は全くないと言うことです。みんなが揃ってお参りに行ける日を選べば良いと思います。