葬儀でのネクタイ選び、色や柄、締め方、気を付けるべき点

葬儀でのネクタイ選び、色や柄が少し位入っていても良いのかなど気になる疑問を検証します。

 

色は皆さん分かっていらっしゃる、黒で無地が正解ですが、そのほかに締め方なども見ていきましょう。

 

黒無地ネクタイは常備しておきましょう

黒い無地のネクタイは一つは用意しておきましょう。

 

ネクタイの結び方はシンプルなプレーンノットなどにしておきましょう。

 

結び目を強調して大きく作ってはいけません。

 

葬儀は華やかさを出す場ではありませんので、結び方もシンプルに目立たないものが一番です。

 

柄のあるものは避ける、光沢のない黒いネクタイを付けるのがマナーと言われています。

 

ネクタイ以外に気になる?!襟元は大丈夫ですか?

ボタンダウンのシャツが今は主流ですが、本来はこれは乗馬スポーツの際に襟元が風でパタパタしないように作られたデザインでもあります。

 

また、ノーネクタイでも襟がしっかりと立つようにとのデザインでもあります。

 

普通の襟よりはほんの少しカジュアルとされることがあります。

 

なので、葬儀の際に着用するシャツとしては避けた方が良いです。

 

シャツ自体にも、織などが無いようなシンプルかつ白い物を選ぶように気をつけましょう。

 

ボタンなどに少し差し色が入ったものも多いですので、真っ白なシャツを一枚は常備しておかれると安心です。

 

小物にも気を付けましょう

タイピンは付けなくて良いです、カフスボタンを付けるなら銀の台座に黒オニキスなどの目立たないものを使用しましょう。

 

オニキスはつけても良いとされています。

 

ハンカチは黒か白か灰色か、目立たない色の物を選んだ方が無難です。

 

ポケットチーフは身に付けなくても良いです。

 

盲点になりがちですが、時計も普段とてもお洒落で大きなものをされている場合は色味などを考慮しましょう。

 

手元は目立ちますので、普段から拘りがあってされている小物であってもブラックスーツを着用した際に鏡に全身を映すなどで印象はどうか確認してみましょう。

 

靴は金具のあるデザインは避けます。

 

黒以外でも良いかも知れない場は?

通夜の席では、そこまで厳格に問われないこともあり得ます。

 

意味合いとしては取り急ぎ駆けつけた形なので、落ち着いた色のネクタイなら許容範囲と取っていただけるかも。

 

ですが最近は通夜でも黒礼服の方が多く、また地方差のある考えなので、やっぱり黒いネクタイを持参しておくのが一番なようです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


葬儀でのネクタイ選び、色や柄、締め方、気を付けるべき点 関連ページ

葬儀の場で親戚としての服装に相応しいものって?
葬儀の服装アクセサリーはどこまで良いの?
葬儀の服装でシャツ選びに注意するべきことは?
葬儀の服装マナーを考えた女性のスーツ選びのポイント
葬儀の服装ですが、タイツはダメなんでしょうか
葬儀の服装ですが、ハンカチはどんなものを持参すれば良い?
葬儀の服装に合う髪型はこちら。髪型のNGポイントなどもご紹介
葬儀の挨拶など喪主が気を付けることアレコレ
葬儀の受付を任された時、または受付を済ませる際の注意
葬儀の時間はどれくらいかかるもの?
葬儀の服装にエナメルパンプスはダメと言われます。
葬儀の際に喪服以外で気にすべきはエプロンの色。白?黒?
葬儀のお車代ってどれくらい?そもそもお車代って必要なの?
葬儀で必須お布施の金額の本当のところはどうなの?
葬儀のお別れの言葉は大切です!弔辞を頼まれた時に注意すべき点
葬儀に着ていけるスーツが無い!グレーでも大丈夫なの?
葬儀のスーツは黒っぽければ少しストライプが入ってても良い?
葬儀をしてはダメな日があるとは知りませんでした。
葬儀業界を改革!ティアの挑戦に驚いた。
葬儀でトラブル!問題回避の為に事例を知ろう
葬儀の場でネイルは駄目と分かっているんだけれど。
葬儀の「よくある質問・疑問」に答えます
葬儀社ランキング見極めのコツをご紹介します
葬儀の場の装いワンピース着こなしのコツ
葬儀の挨拶状を出す際の注意点は?
葬儀の案内文はどんな内容を書くもの?
葬儀の引き出物をどうしようか迷ったらすぐに葬儀社へ相談を
遠方の葬儀に参列できない場合の香典について
葬儀に数ある花の種類と手配は基本的には葬儀社に任せる
葬儀の開始時間として、一般的な時間帯は?
葬儀に欠席する場合の失礼にならないマナー
結婚指輪は葬儀の場でもOKとされているのですが
葬儀と結婚式のマナーで例えば喪中はどうするの?
葬儀と告別式の一連の流れが知りたい。
葬儀といえば黒真珠という考えは基本的には間違っていないのですが
マナーを気にしだすとキリがない、葬儀への参列
葬儀も多様化!参列の断り方で悩む必要はなくなった?
どんな範囲まで葬儀に参列してもらうべき?参列するかは気持ち次第
白いハンカチは葬儀以外でも活躍します
数珠など葬儀の持ち物は、あらかじめひとまとめに
それほど深い付き合いがない取引先の葬儀への対応方法
葬儀の手伝いには、それにふさわしい服装を選ぶ
手土産も供物も、葬儀の際には不要です
葬儀の受付の挨拶といっても特別なことはない
葬儀から初七日という流れが一般的
葬儀の上着に、チェスターコートを1枚
身内だけの葬儀、家族葬は事前の準備が大切です
葬儀社の選び方は、口コミや見積もりを参考にして
葬儀費用の相場は、189万円弱ってほんと?
葬儀の場にふさわしい、男性用バッグはない?
通夜、葬儀と進むの告別式の流れは葬儀社次第
通夜、葬儀と進むの告別式の流れは葬儀社次第