アンケートに寄せられた理想を介護リフォームの実際に当てはめると?

アンケートによると、自宅での介護が理想という結果が出ています。

 

しかし、これは飽くまでアンケート結果、現実にはリフォームなど様々な問題が出てくるのです。

 

ならば、介護のためだけのリフォームではなく、介護を見越した間取りにするというのはどうでしょうか。

 

自宅で看取るのが理想というアンケート結果

介護が必要となった場合に、自宅でサービスを受けさせたい(受けたい)。

 

自宅で息を引き取らせたい(引き取りたい)。

 

これらのアンケートに「はい」と答えた人は8割となっています。

 

しかし、これは飽くまで理想論、実際にそれが可能となるには、充分な広さの持ち家が必要になります。

 

リフォームも必要になりますから、経済的な余裕も必要なのです。

 

上記のアンケートに「はい」と答えた人も、実際に介護やリフォームをおこなう余裕はあるのでしょうか。

 

実際の所、難しいというのが本音でしょう。

 

ならば、介護のリフォームに大金を費やすことなく、親世帯が老後を安らかに過ごすにはどうすればよいのか?

 

なるべく親世帯が要介護の状態にならないことですし、そのための努力をするべきでしょう。

 

具体的には日頃から運動を習慣づけるとか、食生活に気をつけるとか。

 

しかし、どれだけ日常生活に気をつけていても、介護が必要な状態にはなってしまうものなのです。

 

あらかじめ介護を見越した間取りにすること

ならば、アンケート結果の理想のような介護を行うにはどうすればよいのか?

 

家を新築する機会に、介護を意識した間取りにしておくというのが1つのアイデアです。

 

手すりさえ付ければ介護リフォームは完成する、このような間取りにしておくのです。

 

例えば、寝室からトイレやバスルームに直接アクセスできるような間取りにしておく。

 

新築の際にこのような間取りにしておけば、介護リフォームに大きな金額はかかりません。

 

介護がしやすい間取りにしておけば、金銭面以外でも子世帯にかかる負担も少ない。

 

ならば、アンケート結果の理想を現実にすることができるのです。

 

あらかじめ介護を意識した間取りというのは、実際に暮らしやすい間取りです。

 

介護のためだけの間取りではありません。

 

元気な時は暮らしやすく、介護が必要になってもリフォームの必要がない間取り。

 

これを新築の時から意識しておく。

 

これが、アンケート結果の理想通りの介護を可能にするコツなのです。

 

乏しいリフォーム資金しかないのだから

介護リフォームは介護保険制度による補助金が出るとはいいますが、その額は微々たるもの。

 

例えば手すりをつけるとか、スロープを付けるとか、その程度のリフォームしか可能にはなりません。

 

ならば老い先短い人のために大金を費やしてリフォームをするのかというのも、疑問が残ります。

 

先のアンケート結果は理想です、その理想を現実にするためにはリフォームではとても追いつきません。

 

ならば、新築の際から先を見越した間取りを考える。

 

非常に大切なことだと思うのです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク