介護リフォームの基ながら、奥が深い手すりの設置

介護リフォームの基本、そのようにしばしば呼ばれるのが手すりの設置。

 

しかし、介護を受ける人によって多数のバリエーションがあるのリフォームが手すりだったりするもの。

 

それだけに、リフォーム業者には深い経験が求められるのです。

 

手すりは介護リフォームの基本といわれます

介護リフォームといえば手すりの設置、そんな風に考えられているぐらい、手すりの設置は基本的なもの。

 

体が不自由になると、浴室やトイレ、玄関など様々な場所に手すりが必要となってくるのです。

 

リフォームって大げさだなあ、手すりぐらいカンタンにつくだろう?

 

そんな風に考えて、適当な位置に手すりをつければいいのかといえば大間違い。

 

介護が必要な人の体格によって手すりを設置する場所が変わりますし、症状によって形状も変わります。

 

そして、手すりは体重がかかるものですから、設置場所も考えることが必要。

 

何も考えずに、適当に手すりをつけてしまうと、全く役に立たないばかりか、ケガの原因になったりもするのです。

 

手すりの設置は介護リフォームの基本、その一方で、非常に奥深いものなのです。

 

一つの手すりに多数のバリエーション

例えばトイレで手すりを設置するケースを考えて見ましょう。

 

何しろ狭いスペースです、手すりを取り付けることで、使用に差しさわりがあってはいけません。

 

そこで考案されたのが、跳ね上げ式の手すり。

 

必要なときだけ引き下げて使うことが出来るので、手すりの必要がない人のジャマにはなりません。

 

また、便座に座るまでは跳ね上げておく、立ち上がるときだけ引き下げる、そんな使用も可能なのです。

 

また、手すりが出っ張って使用時に引っかかる、そんなケースもあるでしょう。

 

この場合に使われるのが、壁に埋め込むタイプの手すり。

 

壁の表面よりやや奥に、手すりが設置されることになりますから、引っ掛かりを防ぐことができるのです。

 

他にリウマチを患っている人が使う介護用の手すりの場合。

 

リウマチの場合は痛みで手のひらが思うようには使えませんから、代わりに手の甲で体を支えようとする。

 

そんなケースが良くあります。

 

こんな場合、通常の介護リフォームより、手すりの高さを低く設置しなくてはなりません。

 

また、取り付ける手すりもよくある直線のタイプだけではありません。

 

体をひきあげる力をもっと入れやすくなる波型のタイプや、太さも様々あったりするのです。

 

施行する業者に必要なのは豊かな経験

たかが、手すり一本の設置ですが大変奥深いものだとわかったと思います。

 

手すりの設置は意外と大きな工事になったりするもの。

 

ですから、介護リフォームの助成金の対象になっているのです。

 

そして、介護を受ける人やケアマネージャー、介護リフォームの経験が豊富な工務店。

 

この3者がコミュニケーションをしっかりとることが必要となってくるのです。

 

カンタンな工事だけれど、奥が深い。

 

介護リフォームの基本だけれど、バリエーションも非常に多い。

 

これが手すりの設置なのです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク