介護リフォームでエレベータを付けたいけど数百万円もする!

ずいぶん家庭用のエレベーターの価格も下がりました。

 

ですから、介護リフォームにエレベーターを採用するケースも増えているのですが、コスト的に難しければ介護リフォームには昇降機。

 

もっというなら、新築時に対策は考えておくべきなのです。

 

介護用に間取りを変更できないならば

自宅での介護は思わぬところに負担がかかるもの。

 

例えば上階への移動は非常に大きな負担となります。

 

要介護状態になってしまったら、例えば寝室など生活スペースを1階へと移動する、こんな工夫は必要となるのです。

 

しかし間取り上、それが難しいとなると、上階への移動の負担を何とか軽くしなければなりません。

 

そこで、最近取り入れられているのが、介護リフォームの一環としてエレベーターや昇降機を設置する方法です。

 

この背景には、需要の高まりからか家庭用のエレベーターや昇降機の価格がずいぶん下がったことがあげられます。

 

しかし、下がったといってもエレベーターの価格は数100万円、年に1回の定期点検のコストも必要。

 

1畳程度の広さのエレベーターとはいえ、上階へ貫通させる大工事になりなすから、工期は1カ月程度は必要です。

 

もちろん介護目的でのエレベーターの設置ならば、介護保険制度の対象。

 

補助金は出るのですが、リフォームにかかる金額から考えると、金銭的にも厳しくなるのです。

 

エレベーターよりも安くすむ、昇降機

そこで考えられるのが、椅子に座ったまま階段を上下できる昇降機の設置。

 

こちらの価格は数10万円程度、曲線が入ると百数十万程度とエレベーターと比較すると安価。

 

既存の階段を利用することになりますから大きな間取りの変更もなく、工事自体は2、3日で終わるメリットもあります。

 

確かに、昇降機を取り付けると階段自体が狭くなるというデメリットもありますし、見た目もカッコがいいものではない。

 

とはいっても、階段昇降機は予算面から見ても大きなメリットがあるのです。

 

リフォームするぐらいなら、あらかじめ、、、

介護用にリフォームするのならば、ベストは家庭用エレベーター、予算面で厳しければ昇降機、こんなことがいえるでしょう。

 

しかし、一番のおすすめは新築時に、あらかじめ介護のことを織り込んで、間取りを考えることなのです。

 

新築時には体は当然動くのかもしれませんが、親世帯の介護が必要になるのに20年もかからなかったりするのです。

 

ならば、介護を意識した間取りをあらかじめ考えるのが自然。

 

エレベーターにしても、リフォームで取付けるよりは、新築時に取付けたほうが、コスト的にも安くなるものです。

 

住宅の寿命が長くなりつつあります。

 

ならば、先を見越して新築をおこなうのは当然のこと、子どもが独立したり介護が必要になったりするものなのです。

 

それを見越して対応できるように、間取りは可能な限り固定しないとか、エレベーターをつけておくとか。

 

リフォームをおこなうにしても最小限になるように、工夫するべきなのです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク